So-net無料ブログ作成

11月の鑑賞メーター [映画 DVD ハンター]

11月の鑑賞メーター
観たビデオの数:5本
観た鑑賞時間:616分

「君の名は。」DVDスタンダード・エディション「君の名は。」DVDスタンダード・エディション
何んだ!こんなに面白いとは思っていなかった!。とりあえず一言でいうなら傑作である!最初はおっさんマインドには響かんかもしれんな~と思いながら観はじめたけど、すぐに少年マインドに戻っていたというか。なんかいろんな切り口で語れる作品で、ネタバレありで色々語ってみたいところであるけど長くなりそうなので、久しぶりにブログでも更新しようか・・・、おじさんには、ずっぽりしっぽり西日暮里とはまりましたよ(あっ高山か・・・)
鑑賞日:11月26日 監督:新海誠
ブレードランナー ファイナル・カット スペシャル・エディション (2枚組) [DVD]ブレードランナー ファイナル・カット スペシャル・エディション (2枚組) [DVD]
十年以上ぶりの再鑑賞。ファイナル版は初めて。今回改めて見返して、瞳の光の反射は意図的に演出していると判断。ほんの一瞬だが、デッカードもレプリカントであるという説が否定できないことを確認。電気羊の代わりにユニコーンのイメージをまどろむデッカードに人間とレプリカントの境目のなさを改めて感じ入った次第。人間だろうと、レプリだろうとどっちだってかまわないという心境。今年はネクサス6の製造年なんだなと感慨深かった

鑑賞日:11月22日 監督:リドリー・スコット
コナン・ザ・バーバリアン [DVD]コナン・ザ・バーバリアン [DVD]
シュワちゃん版が好きすぎて今まで観なかったが、この作品はこの作品でよし。コナンがスマートで意外とさわやかな好青年で好きかも。ハワードの枕元に立っていたコナンはそんなムキムキではなかったらしいし・・・。話はこの手の作品らしく脳筋で野蛮で、子供時代から「こいつヤバイ」ってところはよいですね。個人的に楽しめた作品だけに世間的にコケてるままなのは残念。いろいろ微妙なんだろうなあ~。次回シュワちゃんの爺さんコナンにも期待。
鑑賞日:11月18日 監督:マーカス・ニスペル
40歳の童貞男 [DVD]40歳の童貞男 [DVD]
木根さんの一人でキネマ4(漫画)読んで、、観なきゃと思って鑑賞。なんか観る前に想像していたのと、結構違う感じの映画だった。【以下ネタバレあり?】アンディ君、意外とモテるんだよな~。最初の方の童貞バレルバレないのハラハラの展開がいたたまれず直視できんかった。後半、かなりお下品なので一緒に観る人を選びそう。40歳で童貞って告白しなきゃならんことなんだろうか・・・。やっぱりおもちゃ売りたくなかったんかい(ツッコミ)
鑑賞日:11月14日 監督:ジャド・アパトー
シビル・ウォー/キャプテン・アメリカ MovieNEX [ブルーレイ+DVD+デジタルコピー(クラウド対応)+MovieNEXワールド] [Blu-ray]シビル・ウォー/キャプテン・アメリカ MovieNEX [ブルーレイ+DVD+デジタルコピー(クラウド対応)+MovieNEXワールド] [Blu-ray]
ヒーローオンパレード。にぎやかで、こいつもこいつもあいつもあいつも出てくるなんて、お祭り気分。キャプテンアメリカなのかアベンジャーズなのかもう線引きがわからん。ストーリーはガチャガチャしていながら良くまとめたなあ~と感心。あとちょっとほろっと来る。シビルウォーと言うサブタイトルの意味を思い返す幕引き。そしてこれだけの面々が集まってのアクションの数々は、アクションヒーローものとしての面目躍如と言ったところか。
鑑賞日:11月11日 監督:アンソニー AND ジョー・ルッソ

鑑賞メーター

nice!(1)  コメント(0) 

10月の読書メーター [漫画 1巻ハンター]

10月の読書メーター
読んだ本の数:22
読んだページ数:4595
ナイス数:144

からかい上手の高木さん 1 (ゲッサン少年サンデーコミックススペシャル)からかい上手の高木さん 1 (ゲッサン少年サンデーコミックススペシャル)感想
可愛い内容のお話で、異性を意識する年頃の男の子には、たまんない内容となっております。
そこまでエッチでもなくはずかしがりやの青少年にはちょうどいい感じのバランスでオジサンもあまり抵抗なく読めます。どこをどのように選択していけば、このような青春に遭遇できたんやろか?

なんと巻数も進んでいるらしく、どんだけネタがあるんかい!?。

読了日:10月29日 著者:山本 崇一朗
ローマ人の物語〈31〉終わりの始まり〈下〉 (新潮文庫)ローマ人の物語〈31〉終わりの始まり〈下〉 (新潮文庫)感想
何というか終わりの始まりですね。国内で殺しあうのは何とも。せヴェルス・・・皇帝にまるまでは見事、鮮やかな戦略を組んでいたのになんともその後は残念。兎に角後継者の育て方に失敗しては・・・この分だとカラカラ帝も知れていそうで。
読了日:10月27日 著者:塩野 七生
魔王城でおやすみ 1 (少年サンデーコミックス)魔王城でおやすみ 1 (少年サンデーコミックス)感想
全てにおいて「カワイイ」という表現がぴったりな作品。城の雑然としておどろおどろしいところも何かしらカワイイし、モンスター達もカワイイ。魔王様やら勇者様もおっさん目線では何ともカワイイ性格してんなあ~と。コンピュータRPGのあるあるを持ち込んで、けど違うんですよ~なひねりを見せてくれる。いつもと変わらぬとらわれの日々ってお話なので、大きな物語りの流れをどうやって見せて、浮気性の読者の心をつなぎ止めておくか、今後の展開が気になるところです。
読了日:10月27日 著者:熊之股 鍵次
アニメタ!(1) (モーニング KC)アニメタ!(1) (モーニング KC)感想
知らない業界の裏話?と言うわけでは無いけど非常に興味深く読ませていただきました。スポコンもののテイストで
面白く続きが気になります。読みやすくってサクサク読めたし~
読了日:10月26日 著者:花村 ヤソ
アイシールド21 (1) (ジャンプ・コミックス)アイシールド21 (1) (ジャンプ・コミックス)感想
やっぱり絵が上手いなー。そして面白いなー。
そして、この楽しいと言う感情がそこかしこからあふれてくるところが好感度UPにつながるんよね。
読了日:10月24日 著者:稲垣 理一郎
バンデット(1) (モーニング KC)バンデット(1) (モーニング KC)感想
末法末世の世の中を己の運と才覚でのし上がって行こうとする者達の物語りには、この美男美女など到底活躍しそうにない濃い絵柄は、逆に作品の信頼感を増していると思う。
つまり一言で追うなら、骨太。 最近の漫画はどれもこれも面白くて、カネも時間も無い自分はほとほと困り果ててしまっております。
読了日:10月24日 著者:河部 真道
辺獄のシュヴェスタ 2 (ビッグコミックス)辺獄のシュヴェスタ 2 (ビッグコミックス)感想
しまった、読んだ本に登録してなかった。マリア様も目の届かない辺獄で、己の憎悪と知性を武器に生き抜くシュベスタ達。しかし三年は長いですよ。とても持ちこたえられそうにない・・・と。思いながら、仲間を得ながらも最後はエラだけ生き残るとかそんな展開にもなりそうで・・・
この修道院、蒸気機関とかオーバーテクノロジーっぷりが面白い。

読了日:10月22日 著者:竹良 実
辺獄のシュヴェスタ 3 (ビッグコミックス)辺獄のシュヴェスタ 3 (ビッグコミックス)感想
マリア様は見てますか?これが地獄のアンブートゥン達です。激しさを増すサバイバル、地獄に仏かと思いきやそのままでは済まされない。そしてまだまだこの試練が続くのか?と読んでる方は先が思いやられると言うのにエラにとってはむしろ目的までの距離がはっきりしたとポジティブシンキング!3巻ではエラにとって思いもよらない形で母親との本当の決別が待っていた・・・やるせないよ・・・
読了日:10月22日 著者:竹良 実
亜人(2) (アフタヌーンKC)亜人(2) (アフタヌーンKC)感想
2巻を読んで、「絵が上手いなあ~」とつくづく思ったり。特に包帯表現がいいね。そしてアクション。ドラマパートの多い漫画かと思ってたらそこはアクション。読みやすい。なかなか謎は謎のままだけど、読ませてくれる。そして結構痛いシーン多し。耐性はあるけど。アフタヌーン系の作家は総じてレベル高いよな。
読了日:10月17日 著者:桜井 画門
CLAYMORE 5 (ジャンプコミックス)CLAYMORE 5 (ジャンプコミックス)感想
やっぱり面白いなあ。テレサ編のラストに胸熱になり。現在に戻ると、討伐隊編成で、ランク付けの設定が出てくるんだけど、ただランクの設定が出てくるだけだとヘキヘキとしてしまうところ、実はクレアは最下位と・・・常にひねりを利かせてくれるので、逆にヨシ!となってしまう。彼女はクォーターのクレイモア。他のハーフの連中に絶対的に劣ってしまうのだけども、テレサの血肉でなければ受け入れる訳も無く。でも、1/4といえどそれはかつてはクレイモア最強とのハーフなんだよな。でも、プリシラには・・・

読了日:10月16日 著者:八木 教広
CLAYMORE 4 (ジャンプコミックス)CLAYMORE 4 (ジャンプコミックス)感想
うう~む。組織に背いた物は命を狙われる。白戸三平的世界観。一気に読了。さっさと5巻へ~
読了日:10月16日 著者:八木 教広
CLAYMORE 3 (ジャンプコミックス)CLAYMORE 3 (ジャンプコミックス)感想
むかーし読んだけど忘れているので再読。いろいろ思い出した。やっぱり主人公は苦戦しないとと思える展開に燃えますね。そして、微笑のテレサ編!これがまた熱い話なんだよね~。この漫画のエッセンスはやはり大好物!次巻も楽しみ。
読了日:10月16日 著者:八木 教広
CLAYMORE 2 (ジャンプコミックス)CLAYMORE 2 (ジャンプコミックス)感想
2巻で早くもクレアの危機?!良いですねこの展開。伏線やら仕掛けがちゃんと機能していてそこが面白いし、読みやすさも手伝って一気に3巻へ。良いところで終わるなあ~
読了日:10月16日 著者:八木 教広
巨悪学園(1) (シリウスKC)巨悪学園(1) (シリウスKC)感想
かなり濃ゆくて読み応えあり。超暑苦しい劇画で、超くだらないギャグを行う漫画としてかなり直球で凄いなあ~と。意外と登録者数が少なくてびっくり。もっと評価されててもいいのでは?と思ってしまった。後半のネームと解説は個人的には楽しめた。結構変わってるなと。
読了日:10月14日 著者:長沢克泰うどん
ランド 1 (モーニングKC) (モーニング KC)ランド 1 (モーニングKC) (モーニング KC)感想
四辺を神に囲まれた箱庭的な世界観。最後に?!?!?なカットが入り、謎に包まれたこの物語にさらに追い打ちをかけるように謎を残し次巻へ!って・・・気になるじゃん!
世界観づくりはさすが大御所作家だよなあ~
山の向こうのあの世に行きたいって言ってるけど・・・この世界の方がよっぽどあの世じゃないの?とか思ったり。杏には納得のいかないことばっかりなんだろうな~。読みながら一緒に体感しました。
読了日:10月11日 著者:山下 和美
アシガール 1 (マーガレットコミックス)アシガール 1 (マーガレットコミックス)感想
なんともユルイおはなし。ヒロインも天然ゆるふわ系でだけども超ポジティブ。SF設定も緩く。何と言いますか、作品自体が能天気な仕上がりになってますね。羽木家滅亡に向かって行く中、このポジティブさがどのようなsy杭になっていくかが楽しみでもあります。
読了日:10月10日 著者:森本 梢子
新装版 BLAME!(1) (KCデラックス アフタヌーン)新装版 BLAME!(1) (KCデラックス アフタヌーン)感想
昔、アフターヌーンを読んでいたころ、途中からで入っていけないなあと思っていたが、そもそも説明もなく
いきなり始まってたんだね。空の見えない壮大な箱庭世界。世界観が主人公の漫画で、だから背景をこれでもか!と見せる。続きが気になります。
読了日:10月10日 著者:弐瓶 勉
あさひなぐ 3 (ビッグコミックス)あさひなぐ 3 (ビッグコミックス)感想
部対抗リレーに尼寺修行。いよいよ本気で強くなる道へ入っていく・・・。読みやすくストレート。そこに好感が持てる作品であることに変わりはない。
読了日:10月10日 著者:こざき 亜衣
モヒカン族の最後 痛快世界の冒険文学 (22)モヒカン族の最後 痛快世界の冒険文学 (22)感想
最初のアメリカ歴史小説作家による代表作。思っていたより活劇。思っていたより死者が出る。フランスとイギリスが領土争いが激しかった時代。モヒカン族はその髪型で大変に有名だけどこんなに人数が少なかったなんて・・・彼らは白人の争いに巻き込まれて数を減らしただけでなく、持ち込まれた疫病に全く抵抗できずに激減した。読み終わった後、、やっぱりやるせない気持ちになった。感心したのは作家の目線がこの時代の人でありながら、ネイティブよりで、白人の共存の方法は本来こうあるべきでは・・・と真摯に考えているところ。
読了日:10月08日 著者:戸井 十月,中村 銀子
あさひなぐ 2 (ビッグコミックス)あさひなぐ 2 (ビッグコミックス)感想
気になる男子との鍔ならぬ柄競り合い、国陵との練習試合での対戦など、へなちょこ武者っぷりにほくそ笑みながら読む2巻。水槽のお魚ようにいつまで観ていても飽きない感じがよい。
読了日:10月07日 著者:こざき 亜衣
キャラクター小説の作り方キャラクター小説の作り方感想
初心者向けと謳っているが、ずぶの初心者が読んだら???がかなり多いんでは?花袋はあまり良く知らないのでそのあたりはふ~んと言う感じで読んだりして。オッドアイに関する考察は的を得ているなあと思う分けで、人気のキャラクター容姿なら使いこなせることが作家の能力の一つかとも思ったり、しかしながらそこが難しかったりするわけで。そんな訳ですからこの本を一読しただけで、だれもがキャラクター小説を書けるようになるわけでは無いわけで、、、あります。詰まりは「精進せえ~よ」と言われてる気がして。
読了日:10月05日 著者:大塚 英志
ゴールデンカムイ 2 (ヤングジャンプコミックス)ゴールデンカムイ 2 (ヤングジャンプコミックス)感想
どんどん面白くなってくるなあ。キャラクターが活き活きしていて好きになる。反面、瞳孔開きっぱなしの面々は人でなし感たっぷりでよろし。うう~続きが気になる終わりかたですね~。その内イオマンテも描かれそうですね。
読了日:10月05日 著者:野田 サトル

読書メーター

nice!(0)  コメント(0) 

10月の鑑賞メーター [映画 DVD ハンター]

10月の鑑賞メーター
観たビデオの数:4本
観た鑑賞時間:485分

キングコング:髑髏島の巨神 ブルーレイ&DVDセット(初回仕様/2枚組/デジタルコピー付) [Blu-ray]キングコング:髑髏島の巨神 ブルーレイ&DVDセット(初回仕様/2枚組/デジタルコピー付) [Blu-ray]
能天気にスカッと楽しめる娯楽映画でした。こういう成分をどうしても欲するときがあるもので、ぴったり今の気分の当てはまりました。
最後の最後まで見逃せません。アメージングな驚きもおまけ感があってよかったです。怪獣フレンズたち。たのしー!
鑑賞日:10月29日 監督:ジョーダン・ボート=ロバーツ
ザ・ギフト[DVD]ザ・ギフト[DVD]
【ネタバレ?】サスペンスか?ホラーか?・・・レンタル棚はホラーにあったけど、人間ドラマ。人を呪わば穴二つ。ゴードは結局悪い人間にはなり切れないだろう。多少でも自分に好意的であったロビンにひどいことするはずがない。と自分に納得。しかし奥さん可哀そう。旦那のくそっぷりは最悪でサイコーでした。口直しにハッピーなものを観ないと。悪い夢見そう。(ほめてます)
鑑賞日:10月17日 監督:ジョエル・エドガートン
モンテ・クリスト-巌窟王- [DVD]モンテ・クリスト-巌窟王- [DVD]
デュマの原作が素晴らしいのは想像に難くないです。
ガイピアーズのやな奴っぷりが嫌で良い。獄中で知合った司祭がホントに救い、作品的にもそこでギアが1段上がった感じ。・・・でもどうやら原作と違う所多いみたいですね。読まんといかんかな・・・・
鑑賞日:10月13日 監督:ケビン・レイノルズ
ルーム [DVD]ルーム [DVD]
【ネタバレ】真っ二つにパートの分かれた映画は自分的に好きな映画が多いです。ぐっとくるシーン多し。心にダメージの残る映画。救出からの話に焦点が置かれ、トラウマから、そしてそれをを脱する為の決別の儀式「さようなら」が胸にしみる。
取材女性の意地悪な質問は母の弱さをえぐっている。
実在の事件をヒントに描かれた映画ですが、もとになった事件はこれよりさらにひどいので、この映画で「もう耐えられない」と言う人はググらないように。
現実はここで終わらず、30年後、少年が父親にそっくりに育った時、母子の関係はどうなる
鑑賞日:10月06日 監督:レニー・アブラハムソン

鑑賞メーター

nice!(1)  コメント(0)