So-net無料ブログ作成
検索選択
漫画 1巻ハンター ブログトップ
前の5件 | 次の5件

1月の読書メーター [漫画 1巻ハンター]

1月の読書メーター読んだ本の数:11読んだページ数:2679ナイス数:57純潔のマリア (3) (アフタヌーン)純潔のマリア (3) (アフタヌーン)感想読了。全巻を通してみて、ピブからミカエルに言い放った台詞が白眉。しかしこの台詞は本来ヒロインから出てきてほしかった。やはり後半のたたみ方からして予定より早く連載を終わらせたのかなあ・・・と邪推してみたり。百年戦争時の中世の再現度の素晴らしさはとにかく見ててみ飽きないほど。難しいテーマに挑む姿勢に敬礼!読了日:01月28日 著者:石川 雅之
監獄学園(11) (ヤンマガKCスペシャル)監獄学園(11) (ヤンマガKCスペシャル)感想インフルエンザのお陰でここまで一気読み。なかなか次の展開が気になりますね。ここまで来る間にも、男泣き、もらい泣き、感動、爆笑、させていただきました。どうかしてる漫画なのにね。しかし皆さんキャラが立っていますこと。読了日:01月23日 著者:平本 アキラ
監獄学園(1) (ヤンマガKCスペシャル)監獄学園(1) (ヤンマガKCスペシャル)感想しょうもない事柄、エロくてお下品なネタのオンパレードだが、それがピタゴラスイッチのようにストーリーにハマっていく辺り作者の才能の高さを感じずにはいられない。
この、あえて低俗と言ってしまうがそこに全力を注ぐ才能の無駄づかいっぷりが、我らボンクラ男子には厚い信頼と映るのでござる。読了日:01月21日 著者:平本 アキラ
変身忍者嵐 1 (秋田文庫 5-34)変身忍者嵐 1 (秋田文庫 5-34)感想園児の時にこれを読んでいた。懐かしい~、おどろおどろしい印象があったけど確かに、女子供関係なく弱い人間は死んで行く世界。たとえ女でも血車党の化身忍者であればこれを切る主人公。これを園児から小学低学年の頃繰り返し読んでいた自分って・・・石ノ森の詩人的で感傷的な面を堪能いたしました。読了日:01月20日 著者:石ノ森 章太郎
主に泣いてます(1) (モーニング KC)主に泣いてます(1) (モーニング KC)感想東村さんの漫画は読みやすいですね。絵が整理されてるのかしら。楽しく読ませていただきました。泉さんんがなんか不憫で仕方ないですね。これからどのような展開が待っているのでしょうか?でも、次に産まれてくるときはブスに生まれたいだなんて、絶対思っちゃダメですよ。読了日:01月18日 著者:東村 アキコ
逃げるは恥だが役に立つ(1) (KC KISS)逃げるは恥だが役に立つ(1) (KC KISS)感想今時の世代には、結構リアルなこじらせ系の人々を、あまり重くなりすぎないように軽いタッチで描いていて、だけど本筋はいたって王道ラブストーリー。そこがいいところで楽しめたところだなと...。登場人物の中で、自分は何処に当てはまるかと考えてみたところ、まず間違いなく津崎ポジションのはずなのに、彼との間にスペックに相当の差があって、なんかちょっと凹んだッポイ我がオッサンの心ここに有らずんばズビズバ。生き方なんて人それぞれ。努めて気楽に行きまっしょい。チョイナチョイナ。読了日:01月14日 著者:海野 つなみ
傭兵ピエール〈下〉 (集英社文庫)傭兵ピエール〈下〉 (集英社文庫)感想後半は創作度がいよいよ増していく感じで歴史から脱し想像の世界へ。ストーリー展開がテンコ盛りでこれでもか!っていう感じ。善も悪も喜びも悲しみもないまぜにして怒涛の展開が続く。読後感が良いのやら、のどにトゲが刺さった感じやら。印象的な後日談。同時代の他の物語も読んでみたくなりました。読了日:01月12日 著者:佐藤 賢一
響~小説家になる方法~ 1 (ビッグコミックス)響~小説家になる方法~ 1 (ビッグコミックス)感想うむ!面白かった。
主人公がかなり強情な人で、実際にいたら距離を置いてしまうかも。付き合うにしても完全服従かな?
今の出版業界にとっては夢のような話ですね。この作品は時代の求めに応じて生まれてきた感もあり、色々と考えさせていただきました。
 余談ですが・・・
昔読んだコミックマスターJを思い出した。似てるかも(笑)
読了日:01月09日 著者:柳本 光晴
純潔のマリア(2) (アフタヌーンKC)純潔のマリア(2) (アフタヌーンKC)感想魔女たちのビジュアルや使徒や使い魔たちの漫才など、なんともコミカルで漫画チック(同じか)でありながら、根底にはしっかりした中世世界観、キリスト教世界観があり読みごたえに繋がっていると思う。兵士たちのは、この漫画は歴史ものなんだと思わせる説得力のあるビジュアルで観ているだけで飽きない。次巻が気になる!読了日:01月06日 著者:石川 雅之
北斗の拳 (6) (集英社文庫―コミック版)北斗の拳 (6) (集英社文庫―コミック版)感想この巻も盛りだくさん!シバの出番てもっとあるかと思いきや、意外と短い。それだけにインパクトが強かった。名作名シーンのオンパレードだけど。後付け感が半端じゃない~
上手くいっている間は後載せサクサクじゃ~
改めて絵のうまさに堪能。読了日:01月05日 著者:武論尊,原 哲夫
進撃の巨人(19) (講談社コミックス)進撃の巨人(19) (講談社コミックス)感想ハンジさ~ん!
次巻の登場人物紹介はどうなるの?読了日:01月01日 著者:諫山 創
読書メーター
nice!(0)  コメント(1)  トラックバック(0) 
共通テーマ:コミック

2016年11月の読書メーター [漫画 1巻ハンター]

2016年11月の読書メーター
読んだ本の数:9冊
読んだページ数:1895ページ
ナイス数:17ナイス

乙女戦争 ディーヴチー・ヴァールカ(7) (アクションコミックス(月刊アクション))乙女戦争 ディーヴチー・ヴァールカ(7) (アクションコミックス(月刊アクション))感想
前半のあるくだりでは思わず涙が流れ。後半の展開ではあれよあれよと術中にはまって翻弄されながら読んでしまった。これからもまだまだ気になる展開が待っていそうで気が抜けないですね。 最後解説のページでは「乙女戦争」の名前の由来も語られてお得感満載の一冊になっていました。
読了日:11月22日 著者:大西巷一
HUMANITAS ヒューマニタス (ビッグコミックス)HUMANITAS ヒューマニタス (ビッグコミックス)感想
ごちそうさまでした。ほろ苦さが決め手ですね。 「生ある限り全てが試練だ!」どこでどのような選択に迫られても、そこでどのように選択しようとも、全て最後は自分で背負うしかない。 住んでいる場所も時間も違えど、どの様な文化風習に従っていようとも、この鉄則は変わらない。
読了日:11月22日 著者:山本亜季
狼の口 8巻 (ビームコミックス)狼の口 8巻 (ビームコミックス)感想
6巻で読むのをやめてしまった人、もったいないですぞ! 面白かったというと不謹慎。興奮した!と言うのが妥当か。歴史的事実だからあらましはわかっていても鳥肌が立った。こういう漫画また読みたいと思いました。 あとがきに筋少の「タチムカウ」にインスパイアされたとの事。もの凄く腑に落ちました。
読了日:11月18日 著者:久慈光久
BILLY BAT(3) (モーニングKC)BILLY BAT(3) (モーニングKC)感想
 何というか、どこへ向かっていくんだろう。早くもどう収集つけるのかと結末が心配になってきた・・・。浦沢節の横綱相撲だなあ~  無名の作家ではなかなか、やりたくてもできない作風と言いますか・・・ この作家は四半世紀かけてこの自在にやれる高みまで来たんだな~
読了日:11月15日 著者:浦沢直樹,長崎尚志
尼僧ヨアンナ (岩波文庫)尼僧ヨアンナ (岩波文庫)感想
なかなかにどう解釈すればよいか難しい。 物語は読みやすく、舞台の展開も明瞭だけど、ヨアンナやスリーンの精神を理解するのには、作者のことを理解しないとむつかしいようだと、解説を読んで思った。シェンキェヴィチより50年、ポーランドもいろいろとあった。 ポーランドの歴史にも深く追求した方がよいのかな・・・ あと、やっぱり映画みたい。
読了日:11月15日 著者:イヴァシュキェヴィッチ
進撃の巨人(17) (講談社コミックス)進撃の巨人(17) (講談社コミックス)
読了日:11月11日 著者:諫山創
進撃の巨人(17) (講談社コミックス)進撃の巨人(17) (講談社コミックス)感想
この表紙好き。後世の歴史家なら、「新時代の幕開け」というでしょう、だから「ヒストリア(人間の歴史元年)」と言う名前なんでしょう。リバイ兵長の過去がはっきりしたり、物語も大詰めへの準備段階か。 今回の奇行種のデザイン、イカシテます。
読了日:11月11日 著者:諫山創
進撃の巨人(16) (講談社コミックス)進撃の巨人(16) (講談社コミックス)感想
 今回は謎解き回。大きな秘密が明かされる回。物語も大きな転機を迎える。
 
読了日:11月10日 著者:諫山創
闘獣士 ベスティアリウス 4 (少年サンデーコミックススペシャル)闘獣士 ベスティアリウス 4 (少年サンデーコミックススペシャル)感想
 終盤にこんな展開が待っていたなんて!という展開です。 続きが気になりますねえ~ やりたいことが自分の好きな系統の話ですので、しばらくついていこうと思いました。 モンスター苦手って・・・・うそでしょ!上手すぎじゃん! 連載が少年漫画のためか、皇帝がスゴイわかりやすい悪役だったり・・・
読了日:11月5日 著者:柿崎正澄

読書メーター

2016年9月の読書メーター [漫画 1巻ハンター]

2016年9月の読書メーター
読んだ本の数:5冊
読んだページ数:1037ページ
ナイス数:25ナイス

空のカイン(1) (マガジンエッジKC)空のカイン(1) (マガジンエッジKC)感想
可愛い絵柄に抜群の画力。ハイファンタジーでボーイミーツガールで好きなもの、楽しいこと、作者の思い入れがいっぱい詰まった漫画。好感度高し!謎の少年、力の発動、空飛ぶ船に、魔法石。パワードスーツに美少女、そして喋る猫と一つ一つはベタだけど、それをいっぱい詰め込んだ宝箱のような物語を成立させてるのは、作者の漫画力に尽きるの一言。空想好きの人ならば、老若男女問わず誰にでもお勧めできる漫画かな。
読了日:9月28日 著者:険持ちよ
進撃の巨人(12) (講談社コミックス)進撃の巨人(12) (講談社コミックス)感想
今回も激しい展開とバトルで先が読めない展開に。 謎が謎を呼び先が気になる。 この漫画は絶対ネタバレなしで読マントあかん漫画だわ。
読了日:9月27日 著者:諫山創
進撃の巨人(11) (講談社コミックス)進撃の巨人(11) (講談社コミックス)感想
何年振りかの読み進め。前までの話がちょっとうろ覚え。。。 なんか次から次へ「新事実」発覚で大丈夫かこの漫画、ちゃんと着地するのかとか、その時のノリだけで話決めてないか?とか、勝手に心配したり・・・。一応設定は決め込んである世界なので、いらぬ心配だとは思いますが。それにしてもホントに「中二」という言葉が似あう漫画だなあ~でもこのまま一気に20巻まで読ませる勢いはあるなあと思ったり。続きが気になりますな。
読了日:9月25日 著者:諫山創
しのびがたき 1 (裏少年サンデーコミックス)しのびがたき 1 (裏少年サンデーコミックス)感想
正攻法の異能力忍者バトルもの。山田風太郎的世界観に軽妙なやりとりが時々挟まれて、こういうジャンルの好きな人はすんなり入っていけると思う。かく言う私もかなり好きな感じの作品。絵は前作から更にうまくなった感じがする。羨ましい。  このジャンルの漫画もまだまだやりようはあるのかなと。 エンタメとして単純に面白く読めました。
読了日:9月25日 著者:飛田ニキイチ
ヴィンランド・サガ(18) (アフタヌーンKC)ヴィンランド・サガ(18) (アフタヌーンKC)感想
彼の体には戦争がしみ込んでいる。狼の子供は狼。羊の皮をかぶっても・・・なぜだろう?あんなに改心した筈のトルフィンが、戦っているときの方が生き生きとして見えるのは無意識下では彼はまだ戦士だからか。 彼が戦士に戻ることがあったら、その時はヒルドの矢によって死ぬときだろうけど・・・
読了日:9月1日 著者:幸村誠

読書メーター

7月の読書メーター [漫画 1巻ハンター]

2016年7月の読書メーター
読んだ本の数:11冊
読んだページ数:3041ページ
ナイス数:37ナイス

双亡亭壊すべし 1 (少年サンデーコミックス)双亡亭壊すべし 1 (少年サンデーコミックス)感想
双亡亭壊すべし、最初何がどうしてか解らないまま壊すべし壊すべしと言い出し置いてかれてしまったが、総理大臣の双亡亭破壊賞金制度の発表!破格の賞金に俄然やる気がうなぎ登り!ああ、なんかこれから、賞金目当ての似非除霊士やら、怪物やら、なにやら訳ありなバウンティーハンター共が、有象無象が集まりだして、双亡亭に意気揚々と乗り込んでいき、ことごとく取り殺されていく阿鼻叫喚の展開が始まるのか!?と勝手に想像したら、なんだかドキドキわくわくが止まりませんわ!
読了日:7月30日 著者:藤田和日郎
ラヴクラフト全集〈5〉 (創元推理文庫)ラヴクラフト全集〈5〉 (創元推理文庫)感想
もう何十年か前にレンタルで見た古い映画「ダニッチの怪」の古い記憶をたどりながら原作を読む。映画は別物と友達が言っていたっが確かに全然違うね。原作の方が雰囲気がいい。死体蘇生人ハーバード・ウェストは訳者曰く凡作と言う評価らしいが、今作の中では一番キャッチーだと思う。
読了日:7月28日 著者:H.P.ラヴクラフト
ひとりぼっちの地球侵略 1 (ゲッサン少年サンデーコミックス)ひとりぼっちの地球侵略 1 (ゲッサン少年サンデーコミックス)感想
謎が残る第1巻。侵略と言いながらその実、守っていると言うイメージ、可愛らしい絵柄に好感↑。内容もボーイミーツガール、全体的に設定練り込む前にとりあえず描きだしてしまった感は否めないがそこは可愛らしさと、謎巻で相殺して読めた。2巻以降がそのあたりがどんどん交通整理されて行ってくれそう。ちょっとグロイシーンもあるけどこれならちっさい子に読増せてもいいかも。
読了日:7月23日 著者:小川麻衣子
リヴィングストン(1) (モーニング KC)リヴィングストン(1) (モーニング KC)感想
絵柄はアートな感じのだけど見やすい絵柄でイイです。やはり漫画の絵は見やすくなくてはね。脚本は名うての劇作家さんんだとか(存じ上げなくてすみません、でもウィーエンドシャッフルにも出演したみたいですね)もし命に予定があって、それを取り扱う仕事があったら・・・と言うもしも話だけど、、意外とすんなり読めました。演劇とかにしやすいかも(実写化しやすい)かも。
読了日:7月23日 著者:片岡人生
双頭の鷲〈下〉 (新潮文庫)双頭の鷲〈下〉 (新潮文庫)感想
主人公の人生を追った大河ドラマで、当然その死まで描いている訳で、 どんどん仲間も死んで行くし、主人公ベルトランの死後も生き残っていた人達についても、 エピローグとしてその後の顛末をと語ってくれる。何とも寂寥感を伴う読後感があります。 佐藤賢一最高傑作という人もいるというが納得です。 次は時系列にしたがって、傭兵ピエールでも読もうかな(漫画で) blogにもちょっと。
読了日:7月19日 著者:佐藤賢一
俺はナニを間違えた!? (ジェッツコミックス)俺はナニを間違えた!? (ジェッツコミックス)感想
破天荒だけどキャッチーな憎めいないキャラクター、ノリと勢いで一気に持って行く展開、「木根さんの一人でキネマ」が大いにツボったので、同作者の他の作品も興味が湧き読んでみたのです。主人公がドツボにはまっていく姿が可哀想だが笑ってしまう。主人公が羨ましいようで全然羨ましくないところが味噌。しかしこの作品、全1巻なんですが、作者さんは長期連絡も視野に入れていたんだろうか?このネタなら結構、短期集中で一気にやりきってしまう積もりだったのかも。と思ったり。
読了日:7月19日 著者:アサイ
ファイアパンチ 1 (ジャンプコミックス)ファイアパンチ 1 (ジャンプコミックス)感想
 ジャンプという漫画業界で最も魅惑的な響きを放つ単語の付く少年漫画にも関わらず、臆面も無く、2大タブーを1話目から盛り込んでくるあたりに、ネット連載とは言え、ジャンプという看板でこれをするか~と正直思った。 進撃の巨人的でもあり、EDEN的、沙村イズムあり、やっぱり講談社的だよなあ~ 内容は、リジェネレーションを逆手に取った良いストーリーです。(オイオイ)  氷の魔女って・・・エルサかな?
読了日:7月7日 著者:藤本タツキ
百日紅 (下) (ちくま文庫)百日紅 (下) (ちくま文庫)感想
大事大事に読み進めていたけど遂に読了。面白かったな~。お栄さんはじめみんな粋だし、鉄蔵の言動に洒落が効いていたり。にやけ顔で読んでしまう。「野分」はアニメの大筋にになる話だけど原作では他の話同様読み切りだったんですね。ちょっとばっかし泣けました。この人たちみたいに生きていけたらどんなに幸せかと思ってしまう(楽な訳では無いでしょうが)。  アニメではお栄さんのその後について、さらりナレーションで触れているけど、「眩」読んでみたくなりました。
読了日:7月6日 著者:杉浦日向子
イノサン 2 (ヤングジャンプコミックス)イノサン 2 (ヤングジャンプコミックス)感想
読めば読むほど凄惨な話・・・美しい絵も、バチストなんかは髑髏同然で気持ち悪さすらある。下手なバイオレンス漫画よりよっぽど残酷で目を伏せたくなる。次回は「八つ裂き刑」しかし、すんなりとは行かないだろう。しかしこの漫画、美しいのは絵だけじゃない、ぶち抜きコマが無いので本を閉じた状態だと再断面が真っ白で綺麗だったりする。これもイノサン(純真無垢)を感じさせる演出だったらと考えると・・・
読了日:7月4日 著者:坂本眞一
木根さんの1人でキネマ 2 (ヤングアニマルコミックス)木根さんの1人でキネマ 2 (ヤングアニマルコミックス)感想
一巻の勢いもそのままにさらにエスカレートしてく木根さんの物語。今回も毎回毎回手を変え品を変え、笑わせていただきました。思わず目に涙を浮かべながらページをめくったらとんでもないオチでぶったまげたり~  ネットでもフリーで読めるけどそこはサービス精神で毎回の後日談が描きおろしがあって絶対お得です。 今回は買う前からレジの前で背表紙帯を読んで笑わせていただきました。 V8は宗教だという意見に賛成です。 そしてやっぱり最初にお勧めするのは「ラピュタ」かな・・・ 店員と同じ意見にちょっと・・・・
読了日:7月3日 著者:アサイ
クリスタル☆ドラゴン (11) (秋田文庫)クリスタル☆ドラゴン (11) (秋田文庫)感想
物語は常若の国~世界樹?へと、神話の中へ中へと進んでいく。次にバラーと会う時は本格的な対決になっていくのだろうか・・・個人的に気になる「狼」はまだ人活躍してくれるのではと期待。 日本最高峰のファンタジー漫画はまだまだ物語が続くのです。
読了日:7月3日 著者:あしべゆうほ

読書メーター

2016年6月の読書メーター [漫画 1巻ハンター]

 今まではカテゴリ、思い付き投稿に載せてましたが、1巻を読んでおきながら1巻ハンターにUPしていないことがかなりあるので、読書メーターのまとめを、1巻ハンターのカテゴリーに変更いたしました。

2016年6月の読書メーター
読んだ本の数:8冊
読んだページ数:2442ページ
ナイス数:21ナイス

ティガチャンティック (画楽コミックス愛蔵版コミックス)ティガチャンティック (画楽コミックス愛蔵版コミックス)感想
深谷陽初体験。ざっくりまとめると女の子のほのぼの日常まんがと見せかけた実は妖怪退治物、けど読後感はほのぼの爽快感。東南アジアは日本以上に妖怪文化が栄えていると聞きますし。特にお気に入りは「女の子の味方」のティガチャンティックが珍しく男の子とかかわるお話(と言えばわかるかな)。閑話休題バリ島のおすすめグルメコーナーとかあってお得感。独特の絵柄と世界観は、いわゆる「作家」性のある作家さんだと思ったり。
読了日:6月23日 著者:深谷陽
双頭の鷲〈上〉 (新潮文庫)双頭の鷲〈上〉 (新潮文庫)感想
漫画ホークウッドから流れで読んだので、一寸出のチャンドスや黒太子がかなり気になった。モード・アングレに対抗するゲクランの秘策とは?! 佐藤健一なので面白いのはわかっていたさ!ちょっとお下品で、元気があって、ドロドロとしていて、それを笑い飛ばして、読み手の心を縦横に揺さぶってくるのである!ゲクランとシャルルの関係が誰かに似てるなあ~とずっと考えてたけど、今思い出した、アグリッパとアウグストゥスだ。
読了日:6月21日 著者:佐藤賢一
イノサン 1 (ヤングジャンプコミックス)イノサン 1 (ヤングジャンプコミックス)感想
ルイ16世の首を刎ねた死刑執行人の数奇な人生。と聴けば面白いに決まっている!そんな手に乗る物か!とばかりに今まで読まないようにしていたが、生まれついての漫画OTA・・・運命には逆らえず、ついに絶望と共に読んでしまった・・・主人公を感傷的な美少年にすることで耽美な世界としても楽しめる作品になっている。絵が大変美しく絵画的でもあるので表紙に描かれている花にも意味があるのかな?と思ってみたりしたけど薄黄色のバラ?現在残っている花言葉だけでもいろいろな意味があり特定できませんでした。
読了日:6月18日 著者:坂本眞一
woman (Next comics)woman (Next comics)感想
戸田さんらしい作品集。「サッフォーの末裔」は多くの人が自分と重ね合わせて読んでいると思う。「ミーム」可愛いと憎たらしいは紙の表と裏。「見知らぬ女」は昔話的恩返し物でもあり童話モチーフも得意な先生らしい作品かも。楽しませていただきました。。。ただ、オッサンの自分としては、「1900」の〝会社倒産″と言う単語にビクッ!と来たし、美人局に引っ掛かる情けないオッサンは頭髪の方も情けないことになってると言う、世間一般の先入観に己の将来にどうしようもない不安を覚えたりもして・・・すみません、雑念でした。
読了日:6月15日 著者:戸田誠二
地球(テラ)へ… (1) (中公文庫―コミック版)地球(テラ)へ… (1) (中公文庫―コミック版)感想
アニメは見たことあるので、そういえばこう言うエピソードあったなあ~と思い返しながら読んだ。一冊の中にかなりの密度で物語が盛り込んである。今の漫画とくらべて濃縮ジュースの原液の様でじっくり読むのがいい。 壮大な物語の幕開け。何れ神話となるのでは?と思うような話。 ジョミー・・・すんでのところで、S・Dの管理者たちと同類になるところだったな!やめろ~!って願ったよ。
読了日:6月9日 著者:竹宮惠子
クリスタル☆ドラゴン (10) (秋田文庫)クリスタル☆ドラゴン (10) (秋田文庫)感想
物語がさらに拍車がかかって回り始めている印象。どこへ向かっていくのだろう?
読了日:6月5日 著者:あしべゆうほ
クリスタル☆ドラゴン (Vol.2) (秋田文庫)クリスタル☆ドラゴン (Vol.2) (秋田文庫)
読了日:6月5日 著者:あしべゆうほ
ゴールデンカムイ 1 (ヤングジャンプコミックス)ゴールデンカムイ 1 (ヤングジャンプコミックス)感想
これ面白いな~。何かと気になるアイヌの狩人の生活が細かく描かれていてなるほどセンスオブワンダーな感じがして来る。けどこの漫画はあくまでもエンターテイメント漫画!隠された金塊を巡っての争奪戦が話の主軸。主人公やアイヌの少女も魅力的。続きが気になる作品に仕上がってますな! 実は意外とあっさりとした絵柄で大変見やすかったところも好きなところです。と、思ったことを羅列。
読了日:6月3日 著者:野田サトル

読書メーター

前の5件 | 次の5件 漫画 1巻ハンター ブログトップ