So-net無料ブログ作成
検索選択
漫画 1巻ハンター ブログトップ
前の5件 | 次の5件

3月の読書メーター [漫画 1巻ハンター]

3月の読書メーター読んだ本の数:9読んだページ数:1794ナイス数:34ヒストリエ(10) (アフタヌーンKC)ヒストリエ(10) (アフタヌーンKC)感想グイグイ引き込まれてしまう。先生にしてはアクションシーンにページを割いていらっしゃって新鮮な驚きとともにアレクサンドロスの戦場での悪魔超人っぷりを表現して見せて二重に驚き。これはこれで夢に出てきそうで怖くてOK!後半はいつもの岩明節でこれまたOK。次巻が待ち遠しいけどまっ気長に待ちましょう~読了日:03月29日 著者:岩明 均
エンゼルバンク ドラゴン桜外伝(3) (モーニング KC)エンゼルバンク ドラゴン桜外伝(3) (モーニング KC)感想2巻からの流れで一気に3巻まで読んでしまった。漫画として非常に読ませる力に長けている。リクルートとタイアップして執筆したんかな?三田先生。相変わらず、三田シークエンスが心地よいからか?いや胸に痛いがな。読了日:03月21日 著者:三田 紀房
エンゼルバンク ドラゴン桜外伝(2) (モーニング KC)エンゼルバンク ドラゴン桜外伝(2) (モーニング KC)感想ここ数年、転職を真剣に考えているときにこの漫画に出会った。自分は市場価値0だけど、やはり転職の一択しかないのかなと思いながらこの漫画を読んで愕然。
やりたいことが、必ずしもやれるとは限りません。ほとんどの社会人がホントにやりたいことをやっているわけでは無いでしょうし。とにかく、この漫画、ついつい時間を忘れて読み進めてしまう。読了日:03月21日 著者:三田 紀房
エンゼルバンク ドラゴン桜外伝(1) (モーニング KC)エンゼルバンク ドラゴン桜外伝(1) (モーニング KC)感想ああ・・・なんか痛いなあ。市場価値ゼロです儂・・・。転職はここ何十年ずっと考え続けてますがもう私はダメなんですね。
とはいえ、何とかしないとオレ。
それはそうとこの作品も、「三田メソッド」に元づいて描かれた感じで相変わらずこの先生の漫画は面白いですね。
ねむい・・・読了日:03月15日 著者:三田 紀房
ローマ人の物語〈26〉賢帝の世紀〈下〉 (新潮文庫)ローマ人の物語〈26〉賢帝の世紀〈下〉 (新潮文庫)感想ハドリアヌスは最後に濁してしまいましたね。ピウスはそれを反面教師にしたのかな?何とかにハサミ、老害公邸に国家反逆罪、元老院に記録抹殺刑。
眠いのでこのくらいで・・・                             読了日:03月15日 著者:塩野 七生
CICADA 1 (ビッグコミックス)CICADA 1 (ビッグコミックス)感想過去の悪書追放運動とか、「華氏451」とかを連想させる世界観だけど実はSFと言うよりファンタジー(松本零二999のようなSFファンタジーかな)。未来の日本が舞台なのに登場人物が外国人の名前。謎の「シカーダ」、ボーイミーツガール、近未来SF・・・かなり展開が速い気がするけど、1巻であそこまで話を進めたかったんだろうと思ったり。とは言えまだまだこれからの物語、・・・読了日:03月11日 著者:
ローマ人の物語〈25〉賢帝の世紀〈中〉 (新潮文庫)ローマ人の物語〈25〉賢帝の世紀〈中〉 (新潮文庫)感想テルマエロマエの時代のちょっと前、ハドリアヌス前半部である。何とも活発な皇帝か、旅好きでもあったんだろうけど帝国のさらなるパックスのために精力的な活動を行うその姿には脱帽です。しかし彼は当時のローマ人からはあまり評価されてないはず。どうしてか?それは下巻を読まないと解らないみたい・・・読了日:03月08日 著者:塩野 七生
昭和元禄落語心中(1) (KCx)昭和元禄落語心中(1) (KCx)感想寄席に行ってっみたくなる漫画でした。作品全体に「粋」なる空気ありその雰囲気に浸っていたくなる。ひょっとして八雲さん、あなたってあっちの人?と思ってみたり。登場人物が皆さん、粋かしている!読了日:03月06日 著者:雲田 はるこ
監獄学園(12) (ヤンマガKCスペシャル)監獄学園(12) (ヤンマガKCスペシャル)感想ぶっ飛んでるなー~別当さんの自分探しは続きそう。それぞれのキャラがそれぞれの場所で、バカ丸出し展開を披露。マゾ道を語らせたら、篠房六郎先生と双璧か。読了日:03月06日 著者:平本 アキラ
読書メーター

2月の読書メーター [漫画 1巻ハンター]

2月の読書メーター読んだ本の数:10読んだページ数:1973ナイス数:42しのびがたき 2 (裏少年サンデーコミックス)しのびがたき 2 (裏少年サンデーコミックス)感想早くもラスボス登場か?本編もさることながら、あとがきにあった通院漫画もネットで是非。
読了日:02月28日 著者:飛田 ニキイチ
レベレーション(啓示)(1) (モーニング KC)レベレーション(啓示)(1) (モーニング KC)感想表紙が良いですね。この目にやられました。誰もが知っているジャンヌ・ダルクだけに山岸先生がどのように描くかが興味あるところ。女性の視点ではどのようにジャンヌは映るのか。1巻ではジャンヌが旅立つまで。一人の少女の旅立ちはやっぱり切ない。お父さんもかわいそう。二人もいた娘が二人とも若くして行ってしまうなんて。。。神様っているんか?!読了日:02月23日 著者:山岸 凉子
英仏百年戦争 (集英社新書)英仏百年戦争 (集英社新書)感想この時代のフランスイギリスの事情、常識などが理解できる。その時代の空気感を知る?想像できる。最後に百年戦争とその前後について、イングランドとフランスの歴史年表が載っていて、他の作品を読んだ時でも参考に使える。
読了日:02月23日 著者:佐藤 賢一
ジンメン 1 (サンデーうぇぶりSSC)ジンメン 1 (サンデーうぇぶりSSC)感想実はウェブ連載を追ってます。話が進む度面白さが増しております。そんなわけで購入。毎回毎回驚きの展開。気になる引き、そしてホロリと泣けてしまう展開・・・1巻はまだまだ序の口。これから始まる始まるよ~読了日:02月23日 著者:カトウ タカヒロ
とんがり帽子のアトリエ(1) (モーニング KC)とんがり帽子のアトリエ(1) (モーニング KC)感想素晴らしい作品。ジブリがアニメにしたら大ヒットしそうとか、ハリーポッターの次に映画化するならこれだ!とか、勝手に思いながら読んでました。この作品の良さは皆さんレビューで描いてます通りですので割愛。読了日:02月16日 著者:白浜 鴎
こころ オブ・ザ・デッド ~スーパー漱石大戦~(1) (アース・スターコミックス)こころ オブ・ザ・デッド ~スーパー漱石大戦~(1) (アース・スターコミックス)感想たまたま無料配信で5幕「ネコデアルデッド」(タイトルからしてどうかしてる)を読んでしまって、お脳に直撃したぞなもし。忘れられない作品になり、そこへちょうどタイミングよく1巻が発行されたので、思わず買ってしまったでゲス。日本を代表する文学とゾンビのコラボは知的な遊びとなろうもんを、結果は、もんのすごく頭悪いもんが出来てしまったがために、我がお脳は耳からとろけ出てドピューです。しかしまあ・・・とかくこの世は住みにくい!(ゾンビだらけで)て事で。読了日:02月10日 著者:夏目漱石,架神恭介,目黒三吉
赤目のジャック (集英社文庫)赤目のジャック (集英社文庫)感想中世フランスの農民一揆は、貴族の搾取、傭兵の略奪と何ら変わりなく、およそ人間の考えうる残虐の限りを尽くす。ただそれだけのことで怖気が走る。これを執筆中の作者は果たして、その目は真っ赤に輝き嬉々として書いていたのが?恐ろしい。
そんなに分厚い本ではないので佐藤賢一入門用にと思うかもしれないけど、最初に読むにはお勧めできないかな。あと、だれかワット・タイラーを作品にしている人はいないだろうか?読了日:02月09日 著者:佐藤 賢一
空挺ドラゴンズ(1) (アフタヌーンKC)空挺ドラゴンズ(1) (アフタヌーンKC)感想皆さんおっしゃる通り、宮崎駿チックな世界観にいっま流行りのグルメをのせてみましたって感じ。話は読みやすく面白かった。龍って意外と気持ち悪い生き物なのに調理されると美味そうに見えてくる・・・でも鯨みたいな味じゃない???龍涎香とかあるし。読了日:02月08日 著者:桑原 太矩
空のカイン(2)<完> (マガジンエッジKC)空のカイン(2)<完> (マガジンエッジKC)感想完結。絵柄の可愛さとは裏腹に内容はかなり残酷な展開が続く。1巻読んだとき、こんな残酷だったかなあ~?と、思ったり。作者の並々ならぬ思いが伝わる世界観ながら最後は駆け足でエンド。彼女たちの旅はまだ始まったばかり。

番外編が最後に掲載され、お得感と、うるっと来るお話で、満足感+α


読了日:02月07日 著者:険持 ちよ
木根さんの1人でキネマ 3 (ヤングアニマルコミックス)木根さんの1人でキネマ 3 (ヤングアニマルコミックス)感想バイブルの続編第3弾!まーっ詰まってるよね!映画オタクあるあるのオンパレード。おまけページもふんだんにあってお得感は二重丸!。今回もどの話も面白かったけど、ジョーズなら見せてもOk、ネタバレはするな。ネタバレは絶対するな。
読了日:02月02日 著者:アサイ
読書メーター

1月の読書メーター [漫画 1巻ハンター]

1月の読書メーター読んだ本の数:11読んだページ数:2679ナイス数:57純潔のマリア (3) (アフタヌーン)純潔のマリア (3) (アフタヌーン)感想読了。全巻を通してみて、ピブからミカエルに言い放った台詞が白眉。しかしこの台詞は本来ヒロインから出てきてほしかった。やはり後半のたたみ方からして予定より早く連載を終わらせたのかなあ・・・と邪推してみたり。百年戦争時の中世の再現度の素晴らしさはとにかく見ててみ飽きないほど。難しいテーマに挑む姿勢に敬礼!読了日:01月28日 著者:石川 雅之
監獄学園(11) (ヤンマガKCスペシャル)監獄学園(11) (ヤンマガKCスペシャル)感想インフルエンザのお陰でここまで一気読み。なかなか次の展開が気になりますね。ここまで来る間にも、男泣き、もらい泣き、感動、爆笑、させていただきました。どうかしてる漫画なのにね。しかし皆さんキャラが立っていますこと。読了日:01月23日 著者:平本 アキラ
監獄学園(1) (ヤンマガKCスペシャル)監獄学園(1) (ヤンマガKCスペシャル)感想しょうもない事柄、エロくてお下品なネタのオンパレードだが、それがピタゴラスイッチのようにストーリーにハマっていく辺り作者の才能の高さを感じずにはいられない。
この、あえて低俗と言ってしまうがそこに全力を注ぐ才能の無駄づかいっぷりが、我らボンクラ男子には厚い信頼と映るのでござる。読了日:01月21日 著者:平本 アキラ
変身忍者嵐 1 (秋田文庫 5-34)変身忍者嵐 1 (秋田文庫 5-34)感想園児の時にこれを読んでいた。懐かしい~、おどろおどろしい印象があったけど確かに、女子供関係なく弱い人間は死んで行く世界。たとえ女でも血車党の化身忍者であればこれを切る主人公。これを園児から小学低学年の頃繰り返し読んでいた自分って・・・石ノ森の詩人的で感傷的な面を堪能いたしました。読了日:01月20日 著者:石ノ森 章太郎
主に泣いてます(1) (モーニング KC)主に泣いてます(1) (モーニング KC)感想東村さんの漫画は読みやすいですね。絵が整理されてるのかしら。楽しく読ませていただきました。泉さんんがなんか不憫で仕方ないですね。これからどのような展開が待っているのでしょうか?でも、次に産まれてくるときはブスに生まれたいだなんて、絶対思っちゃダメですよ。読了日:01月18日 著者:東村 アキコ
逃げるは恥だが役に立つ(1) (KC KISS)逃げるは恥だが役に立つ(1) (KC KISS)感想今時の世代には、結構リアルなこじらせ系の人々を、あまり重くなりすぎないように軽いタッチで描いていて、だけど本筋はいたって王道ラブストーリー。そこがいいところで楽しめたところだなと...。登場人物の中で、自分は何処に当てはまるかと考えてみたところ、まず間違いなく津崎ポジションのはずなのに、彼との間にスペックに相当の差があって、なんかちょっと凹んだッポイ我がオッサンの心ここに有らずんばズビズバ。生き方なんて人それぞれ。努めて気楽に行きまっしょい。チョイナチョイナ。読了日:01月14日 著者:海野 つなみ
傭兵ピエール〈下〉 (集英社文庫)傭兵ピエール〈下〉 (集英社文庫)感想後半は創作度がいよいよ増していく感じで歴史から脱し想像の世界へ。ストーリー展開がテンコ盛りでこれでもか!っていう感じ。善も悪も喜びも悲しみもないまぜにして怒涛の展開が続く。読後感が良いのやら、のどにトゲが刺さった感じやら。印象的な後日談。同時代の他の物語も読んでみたくなりました。読了日:01月12日 著者:佐藤 賢一
響~小説家になる方法~ 1 (ビッグコミックス)響~小説家になる方法~ 1 (ビッグコミックス)感想うむ!面白かった。
主人公がかなり強情な人で、実際にいたら距離を置いてしまうかも。付き合うにしても完全服従かな?
今の出版業界にとっては夢のような話ですね。この作品は時代の求めに応じて生まれてきた感もあり、色々と考えさせていただきました。
 余談ですが・・・
昔読んだコミックマスターJを思い出した。似てるかも(笑)
読了日:01月09日 著者:柳本 光晴
純潔のマリア(2) (アフタヌーンKC)純潔のマリア(2) (アフタヌーンKC)感想魔女たちのビジュアルや使徒や使い魔たちの漫才など、なんともコミカルで漫画チック(同じか)でありながら、根底にはしっかりした中世世界観、キリスト教世界観があり読みごたえに繋がっていると思う。兵士たちのは、この漫画は歴史ものなんだと思わせる説得力のあるビジュアルで観ているだけで飽きない。次巻が気になる!読了日:01月06日 著者:石川 雅之
北斗の拳 (6) (集英社文庫―コミック版)北斗の拳 (6) (集英社文庫―コミック版)感想この巻も盛りだくさん!シバの出番てもっとあるかと思いきや、意外と短い。それだけにインパクトが強かった。名作名シーンのオンパレードだけど。後付け感が半端じゃない~
上手くいっている間は後載せサクサクじゃ~
改めて絵のうまさに堪能。読了日:01月05日 著者:武論尊,原 哲夫
進撃の巨人(19) (講談社コミックス)進撃の巨人(19) (講談社コミックス)感想ハンジさ~ん!
次巻の登場人物紹介はどうなるの?読了日:01月01日 著者:諫山 創
読書メーター
nice!(0)  コメント(1)  トラックバック(0) 
共通テーマ:コミック

2016年11月の読書メーター [漫画 1巻ハンター]

2016年11月の読書メーター
読んだ本の数:9冊
読んだページ数:1895ページ
ナイス数:17ナイス

乙女戦争 ディーヴチー・ヴァールカ(7) (アクションコミックス(月刊アクション))乙女戦争 ディーヴチー・ヴァールカ(7) (アクションコミックス(月刊アクション))感想
前半のあるくだりでは思わず涙が流れ。後半の展開ではあれよあれよと術中にはまって翻弄されながら読んでしまった。これからもまだまだ気になる展開が待っていそうで気が抜けないですね。 最後解説のページでは「乙女戦争」の名前の由来も語られてお得感満載の一冊になっていました。
読了日:11月22日 著者:大西巷一
HUMANITAS ヒューマニタス (ビッグコミックス)HUMANITAS ヒューマニタス (ビッグコミックス)感想
ごちそうさまでした。ほろ苦さが決め手ですね。 「生ある限り全てが試練だ!」どこでどのような選択に迫られても、そこでどのように選択しようとも、全て最後は自分で背負うしかない。 住んでいる場所も時間も違えど、どの様な文化風習に従っていようとも、この鉄則は変わらない。
読了日:11月22日 著者:山本亜季
狼の口 8巻 (ビームコミックス)狼の口 8巻 (ビームコミックス)感想
6巻で読むのをやめてしまった人、もったいないですぞ! 面白かったというと不謹慎。興奮した!と言うのが妥当か。歴史的事実だからあらましはわかっていても鳥肌が立った。こういう漫画また読みたいと思いました。 あとがきに筋少の「タチムカウ」にインスパイアされたとの事。もの凄く腑に落ちました。
読了日:11月18日 著者:久慈光久
BILLY BAT(3) (モーニングKC)BILLY BAT(3) (モーニングKC)感想
 何というか、どこへ向かっていくんだろう。早くもどう収集つけるのかと結末が心配になってきた・・・。浦沢節の横綱相撲だなあ~  無名の作家ではなかなか、やりたくてもできない作風と言いますか・・・ この作家は四半世紀かけてこの自在にやれる高みまで来たんだな~
読了日:11月15日 著者:浦沢直樹,長崎尚志
尼僧ヨアンナ (岩波文庫)尼僧ヨアンナ (岩波文庫)感想
なかなかにどう解釈すればよいか難しい。 物語は読みやすく、舞台の展開も明瞭だけど、ヨアンナやスリーンの精神を理解するのには、作者のことを理解しないとむつかしいようだと、解説を読んで思った。シェンキェヴィチより50年、ポーランドもいろいろとあった。 ポーランドの歴史にも深く追求した方がよいのかな・・・ あと、やっぱり映画みたい。
読了日:11月15日 著者:イヴァシュキェヴィッチ
進撃の巨人(17) (講談社コミックス)進撃の巨人(17) (講談社コミックス)
読了日:11月11日 著者:諫山創
進撃の巨人(17) (講談社コミックス)進撃の巨人(17) (講談社コミックス)感想
この表紙好き。後世の歴史家なら、「新時代の幕開け」というでしょう、だから「ヒストリア(人間の歴史元年)」と言う名前なんでしょう。リバイ兵長の過去がはっきりしたり、物語も大詰めへの準備段階か。 今回の奇行種のデザイン、イカシテます。
読了日:11月11日 著者:諫山創
進撃の巨人(16) (講談社コミックス)進撃の巨人(16) (講談社コミックス)感想
 今回は謎解き回。大きな秘密が明かされる回。物語も大きな転機を迎える。
 
読了日:11月10日 著者:諫山創
闘獣士 ベスティアリウス 4 (少年サンデーコミックススペシャル)闘獣士 ベスティアリウス 4 (少年サンデーコミックススペシャル)感想
 終盤にこんな展開が待っていたなんて!という展開です。 続きが気になりますねえ~ やりたいことが自分の好きな系統の話ですので、しばらくついていこうと思いました。 モンスター苦手って・・・・うそでしょ!上手すぎじゃん! 連載が少年漫画のためか、皇帝がスゴイわかりやすい悪役だったり・・・
読了日:11月5日 著者:柿崎正澄

読書メーター

2016年9月の読書メーター [漫画 1巻ハンター]

2016年9月の読書メーター
読んだ本の数:5冊
読んだページ数:1037ページ
ナイス数:25ナイス

空のカイン(1) (マガジンエッジKC)空のカイン(1) (マガジンエッジKC)感想
可愛い絵柄に抜群の画力。ハイファンタジーでボーイミーツガールで好きなもの、楽しいこと、作者の思い入れがいっぱい詰まった漫画。好感度高し!謎の少年、力の発動、空飛ぶ船に、魔法石。パワードスーツに美少女、そして喋る猫と一つ一つはベタだけど、それをいっぱい詰め込んだ宝箱のような物語を成立させてるのは、作者の漫画力に尽きるの一言。空想好きの人ならば、老若男女問わず誰にでもお勧めできる漫画かな。
読了日:9月28日 著者:険持ちよ
進撃の巨人(12) (講談社コミックス)進撃の巨人(12) (講談社コミックス)感想
今回も激しい展開とバトルで先が読めない展開に。 謎が謎を呼び先が気になる。 この漫画は絶対ネタバレなしで読マントあかん漫画だわ。
読了日:9月27日 著者:諫山創
進撃の巨人(11) (講談社コミックス)進撃の巨人(11) (講談社コミックス)感想
何年振りかの読み進め。前までの話がちょっとうろ覚え。。。 なんか次から次へ「新事実」発覚で大丈夫かこの漫画、ちゃんと着地するのかとか、その時のノリだけで話決めてないか?とか、勝手に心配したり・・・。一応設定は決め込んである世界なので、いらぬ心配だとは思いますが。それにしてもホントに「中二」という言葉が似あう漫画だなあ~でもこのまま一気に20巻まで読ませる勢いはあるなあと思ったり。続きが気になりますな。
読了日:9月25日 著者:諫山創
しのびがたき 1 (裏少年サンデーコミックス)しのびがたき 1 (裏少年サンデーコミックス)感想
正攻法の異能力忍者バトルもの。山田風太郎的世界観に軽妙なやりとりが時々挟まれて、こういうジャンルの好きな人はすんなり入っていけると思う。かく言う私もかなり好きな感じの作品。絵は前作から更にうまくなった感じがする。羨ましい。  このジャンルの漫画もまだまだやりようはあるのかなと。 エンタメとして単純に面白く読めました。
読了日:9月25日 著者:飛田ニキイチ
ヴィンランド・サガ(18) (アフタヌーンKC)ヴィンランド・サガ(18) (アフタヌーンKC)感想
彼の体には戦争がしみ込んでいる。狼の子供は狼。羊の皮をかぶっても・・・なぜだろう?あんなに改心した筈のトルフィンが、戦っているときの方が生き生きとして見えるのは無意識下では彼はまだ戦士だからか。 彼が戦士に戻ることがあったら、その時はヒルドの矢によって死ぬときだろうけど・・・
読了日:9月1日 著者:幸村誠

読書メーター

前の5件 | 次の5件 漫画 1巻ハンター ブログトップ