So-net無料ブログ作成
検索選択
漫画 1巻ハンター ブログトップ
前の5件 | -

7月の読書メーター [漫画 1巻ハンター]

7月の読書メーター
読んだ本の数:13
読んだページ数:2647
ナイス数:67

しのびがたき 3 (裏少年サンデーコミックス)しのびがたき 3 (裏少年サンデーコミックス)感想
今回は 忍者VS侍 と言うよりも ファンwithアイドル な話だった。あと、忍術と呼ぶよりもはや悪魔合体。webの方のおまけマンガは必見。先生お大事に。
読了日:07月29日 著者:飛田 ニキイチ
将国のアルタイル(1) (シリウスKC)将国のアルタイル(1) (シリウスKC)感想
兎に角絵がきれいで目を引く。作家さん、持ってるよねぇ~。内容は魔法が出てこないファンタジーでオスマントルコチックで異教の?帝国とたたかうのって、アルスラーンと被るね。もちろん見え方は違うのでどちらも楽しめる筈。1巻だけではまだ何ともってのが、大方の感想の様ですが右に倣え。パシャの身で自分で動いて事件を解決とは、時代劇っで言うなら水戸黄門かな、お色気担当もいらっしゃるし。個人的にはイブラヒムのいいとこ見せてほしいな。

読了日:07月20日 著者:カトウ コトノ
ワンパンマン 10 (ジャンプコミックス)ワンパンマン 10 (ジャンプコミックス)感想
金属バット君、ヤンキー漫画界の住人だな。サイタマとはまた違った法則に生きる漢や!
あと、B級ヒーローダークネスブレイド。頭悪くてやっぱ好き。
読了日:07月16日 著者:村田 雄介
僕たちがやりました(1) (ヤンマガKCスペシャル)僕たちがやりました(1) (ヤンマガKCスペシャル)感想
リアルな高校生の日常ってな感じで、まさかずっと続くんじゃないかって思い始めたころから物語が動き出し、最後の最後で、おええぇっ!大丈夫か!?で以下次巻・・・・と来る・良い配分です。
 卒業したのに相変わらず学校に来る先輩とか、日々だらだらと過ごす現役生とか、わかるんだよな~自分もそうだったから。いい年のおっさんになってからやり直したいと思うけどそれはムリ。だから今の若い子に説教したくなる老害と化す・・・こっから先、ど~すんだろ
読了日:07月16日 著者:荒木 光
BEASTARS 1 (少年チャンピオン・コミックス)BEASTARS 1 (少年チャンピオン・コミックス)感想
絵の雰囲気がいいですね。動物もの×寓話×この絵柄、作家性=傑作になるかも、と感じました。動物なのに人間臭いキャラ達は魅力に富んでますね。作者さんのレゴシ愛が伝わってきます。シリアスな展開にも自然と引き込まれていきました。しかしまあ、ベレ・ルゴシなんてそんな昔の訳者よく知ってましたね、エド・ウッド観たんかな?
読了日:07月15日 著者:板垣巴留
宝石の国(1) (アフタヌーンKC)宝石の国(1) (アフタヌーンKC)感想
かなり独特のセンスの漫画で、絵の見せ方からしてデザインチック。商業誌でこれも有りなんか?と思ってしまうが、こういう個性的な作品が商業媒体で続けられるのは、まだ漫画も捨てたもんじゃないなと思ったり。
読了日:07月13日 著者:市川 春子
恋と嘘(1) (講談社コミックス)恋と嘘(1) (講談社コミックス)感想
めったに読まないタイプの漫画だけに新鮮だった。いろんな切り口で語ってみたくなる作品。SF視点とか、通常なら「ガタカ」的な方向に行きそうなものだがそうならないΣ(・□・;)。それと兎に角、ダブルヒロインが可愛くて、作品的に強烈な武器になっている。あと、王道で厚みの出にくいヒロインに対してライバルが魅力的な設定が付与されるのもこの手の恋愛テーマの作品では必要条件か?。。。この作者さん、女性?男性?どっちだろう作品からはどちらともとれるようで。。。
読了日:07月12日 著者:ムサヲ
ワンパンマン 9 (ジャンプコミックス)ワンパンマン 9 (ジャンプコミックス)感想
今回も見どころ満載だった!そんな中でも特筆すべきは徒党組んで登場のタンクトップ組(そっちかい!)、タンクトップ図鑑は目玉ページかも。何と女性メンバーが居たとは・・・・可哀そう・・・。カバー外すと・・・ドッキドキですわよ。
読了日:07月12日 著者:村田 雄介
アトム ザ・ビギニング(1) (ヒーローズコミックス)アトム ザ・ビギニング(1) (ヒーローズコミックス)感想
鉄腕アトムの前日譚と言うことで、結構シリアスでまじめな感じなのかと思っていたけど、意外に少年漫画していて、登場人物も生き生きしていてそれだけでも楽しめた。A106君が出来が良すぎて、もうこれで完成じゃんと言いたくなる。それはそうとA106可愛いよ、ロボット萌えできる(こんな外見だけど)
読了日:07月11日 著者:手塚 治虫,ゆうき まさみ,カサハラ テツロー
火葬場のない町に鐘が鳴る時(1) (ヤンマガKCスペシャル)火葬場のない町に鐘が鳴る時(1) (ヤンマガKCスペシャル)感想
村社会って実際、土地土地で独特の風習があったりするよね。とは言え、何で皆主人公(読者にも)知っていることを勿体つけて話さないのか?等々、この手のジャンルにありがちなネガティブな部分が気になってしまったけど、この後の展開がどうなって行くのかに期待。絵はまだ安定してないけど、巻数も進んでることですし最近は相当上手くなってるんではないかな?
読了日:07月10日 著者:和夏 弘雨,碧海 景
天空侵犯(1) (KCデラックス 週刊少年マガジン)天空侵犯(1) (KCデラックス 週刊少年マガジン)感想
絵がすっきりしていて読みやすく、とにかく主人公の女の子が可愛くてお兄ちゃん子ってのが、作品のアピールポイント。気が付いたら理由とかわからず殺し合いに巻き込まれて・・・と言うデスゲーム系と言うのでしょうか?この手の漫画も異様にありすぎて、どれ読もうか迷った時は女の子の可愛さでこれを選んでみてはどうでしょうか?その後の展開はどうなっていくか、まだわかりませんが。
読了日:07月10日 著者:大羽 隆廣
ワンパンマン 8 (ジャンプコミックス)ワンパンマン 8 (ジャンプコミックス)感想
キングの真実に驚き!でもONE 先生原作だと思えばやりそうなことだ。これからのキングの
サバイバルが心配だなあ。やっぱり漫画にはちょっとした捻りがないとネ。





読了日:07月08日 著者:村田 雄介
ワンパンマン 7 (ジャンプコミックス)ワンパンマン 7 (ジャンプコミックス)感想
サイタマの行動に一貫したヒーローと言う者のイデオロギーが感じられる一冊。見開きの連続表現はここぞの時に取ってある感じで自分は好きだなあ。物語にちょいちょい捻りが効いていて座布団あげたくなるなあ。
読了日:07月07日 著者:村田 雄介

読書メーター

nice!(1)  コメント(0) 

6月の読書メーター [漫画 1巻ハンター]

6月の読書メーター
読んだ本の数:8
読んだページ数:1587
ナイス数:33

トクサツガガガ 2 (ビッグコミックス)トクサツガガガ 2 (ビッグコミックス)感想
あらゆることを特撮に置き換えて考えてしまう仲村さんに共感。吉田さんもその強者っぷりを発揮。仲間作り、謎の追加戦士? 2巻にしてさらに物語にふくらみが増したと言いますか。
特撮山はお隣さん。見惚れる山です。
漫画山登山者より。
読了日:06月30日 著者:丹羽 庭
トクサツガガガ 1 (ビッグコミックス)トクサツガガガ 1 (ビッグコミックス)感想
特撮番組の作り手の職業漫画と思っていたら違った、おたバレを畏れながら日々をサバイブするOLの話だった。が、これは何だか身に覚えのあるような話ばかりで面白い。言葉の選び方にもセンスが光る。何だか知らんみょうに泣けたりしたゾ。それはそれとしてお母さんの「みっともない」は呪いの言葉や。あれはいかん。子供を呪縛する言葉や。頑張れ仲村さん!俺も頑張る。
読了日:06月24日 著者:丹羽庭
辺獄のシュヴェスタ 1 (ビッグコミックス)辺獄のシュヴェスタ 1 (ビッグコミックス)感想
2巻を買ったので久しぶりに1巻を再読。
こんなエグい修道会だったけか、怖ええぇ~っ

読み返してみて気が付いたが、要所要所で機転を利かした行動をとっていたりしていて、なかなか綱渡りで戦っているなあ~
これから一気に読み進めますぞ。
読了日:06月20日 著者:竹良 実
ダンジョン飯 2巻 (ビームコミックス)ダンジョン飯 2巻 (ビームコミックス)感想
やはり九井先生は短編の名手らしく、毎回毎回手を変え品を変え、おんなじ話は二つとない感じ。おもしろいなあ。
下地の世界はD&DとかAD&Dあたりか。いかにもゲーム的な世界観かな。みんなそれぞれおもろい性格していてそれがストーリに少なからず変化を与えているところに面白い。
読了日:06月14日 著者:九井 諒子
ローマ人の物語〈28〉すべての道はローマに通ず〈下〉 (新潮文庫)ローマ人の物語〈28〉すべての道はローマに通ず〈下〉 (新潮文庫)感想
ミレニアム帝国の頂点、頂上まで登ったところで、来た道を、築き上げたものを見下ろすがごとく、配置された上下巻。ここから少しずつ、山を下りてゆくのかと思うと感慨深いものがあるなあ~。鉛の水道管が滅亡の原因は、確かにトンデモ仮説ですね。鉛のゴブレットとか大量に出土するとかしないとかないと考えにくいよね。
読了日:06月12日 著者:塩野 七生
ドリィ キルキル(1) (講談社コミックス)ドリィ キルキル(1) (講談社コミックス)感想
敵がアクドイながらキャッチーなデザインでなかなかカワイイ。読みやすくてするする読んでしまった。購読している漫画雑誌に掲載されていたら、必ず読むだろうという感じの作品。ジャンル的にはもう似たような話がたくさんありそうなので、謎の部分をどれだけ真新しい真実を解き明かされるかでこの作品の評価が変わりそう。故にこれからの展開に期待したいな。
読了日:06月02日 著者:ノ村 優介
マルドゥック・スクランブル(1) (少年マガジンKC)マルドゥック・スクランブル(1) (少年マガジンKC)感想
まだまだ序章ってな感じ。原作は未読だけど、短編読み切りを一読んだことがある。なるほどもともとはこういう人間関係だったんか?。ウフコックが可愛くていいね。ポケットナイト((有)椎名百貨店)を思い出した(好きだったし)。
読了日:06月02日 著者:大今 良時
惡の華(1) (少年マガジンKC)惡の華(1) (少年マガジンKC)感想
思春期によくある(大人にもある)自意識過剰すぎて痛いぐらいの行動。自分では否定していながらその実、深層心理はどうなの?と、人間の本性を引ん剥く感じは、文学的と言うか、私小説でもあるしね、観てはいけないものを観る感じでこの背徳感こそ、「惡の華」・・・
読了日:06月02日 著者:押見 修造

読書メーター

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:コミック

金聖鎭『引っ越し (第71回ちばてつや賞大賞)』 [漫画 1巻ハンター]

金聖鎭『引っ越し (第71回ちばてつや賞大賞)』 を読んだ

http://www.moae.jp/comic/chibasho_hikkoshi

「後悔・・・」
「そんの選べるものだけがすることだ」

主人公のこの言葉が、彼のすべてを語っている。
画力が高く、漫画としても読みやすく、ようするに読ませる力がある漫画を描かれる人だなあ。
上手なのでするすると読んでしまえるのである。

ちばてつや賞大賞に選ばれるんだから当然ですが、良作を今後も描き続けることが出来そうなずっしりした安定感がある作家さんだと思う。

絵が上手いので羨ましい。

総ページ数 50pくらいか?

ストーリーですが、重たい内容で、ここで語ってしまってもなんですから、リンク先の漫画を読んでほしいな。
一人ひとり人生は違うわけで、不幸な目にあい続ける人もいれば、なぜだか幸運に恵まれてる人もいる。やりきれない話だよね・・・




5月の読書メーター [漫画 1巻ハンター]

5月の読書メーター
読んだ本の数:9
読んだページ数:1587
ナイス数:38

聖骸の魔女 1巻 (ヤングキングコミックス)聖骸の魔女 1巻 (ヤングキングコミックス)感想
主人公の男の子意外、出てくる人物が、皆さん女性とは?なかなかキャッチーなハーレムものかと見せて、出てくる設定やら台詞やらは何だかとってもマニアック[黒ハート]
いい感じで中世カトリック世界をパロッて楽しげ。
そういえば作者さんの名前もヘブライ語だよね。
読了日:05月29日 著者:田中ほさな
乙女戦争 ディーヴチー・ヴァールカ(8) (アクションコミックス(月刊アクション))乙女戦争 ディーヴチー・ヴァールカ(8) (アクションコミックス(月刊アクション))感想
またまた泣かされてしまいました。シャールカの健気さは思わず涙物。ジシュカも相変わらずの元気オヤジでこの二人の対照的な魅力が今回も詰まっておりました。相変わらず、びっくりさせられる展開です、表紙を見て何事が?!って思いましたが。内容もも盛りだくさんで超お得な1冊でした。
読了日:05月24日 著者:大西 巷一
ナラクノアドゥ 3 (ファミ通クリアコミックス)ナラクノアドゥ 3 (ファミ通クリアコミックス)感想
新たな仲間が加わりそう。だけど彼女の姉って・・・
そして、イシュハトス。ここでも正統派ヒーローが頑張ってますね。主人公たちがあんな状態だでね。おまけの設定ページもうれしいおまけです。蒸気機関があり、下水もある、、、割とスチームパンクですね。
読了日:05月23日 著者:山本 晋
CLAYMORE 1 (ジャンプコミックス)CLAYMORE 1 (ジャンプコミックス)感想
何年振りかの再読。
オープニングはまだまだ自分たち身の回りの事件を扱っていて、それでもにわかに世界観、主人公達の宿命をにおわす1巻でした。これを機にもう一回読み直したいな~(完結まで読んでないし・・・)
読了日:05月16日 著者:八木 教広
ヴィンランド・サガ(19) (アフタヌーンKC)ヴィンランド・サガ(19) (アフタヌーンKC)感想
好戦的な奴登場。北欧神話の番犬か、古代ローマの魚醤か?

しかしまあこのペースでは、作者存命中に作品が完成しないような気すらしてきたよ・・・
その時はヴァルハラで描き続けるんかいな?


読了日:05月16日 著者:幸村 誠
ローマ人の物語〈27〉すべての道はローマに通ず〈上〉 (新潮文庫)ローマ人の物語〈27〉すべての道はローマに通ず〈上〉 (新潮文庫)感想
古代ローマのもう一つの主役、インフラ設備について、上巻はローマ街道について。街道第一号を敷設したアッピウスなる人物は、カエサルと並ぶヘンタイ的偉人。この二人に関しては古代人でありながら脳みそは2000年後の未来人であったと・・・漫画的に言えばタイムスリッパーやな。さて下巻はまたしてもローマ人の変態っぷりを見せつける水道橋かね。
読了日:05月16日 著者:塩野 七生
海月姫(2) (KC KISS)海月姫(2) (KC KISS)感想
いやっ。東村アキ子、漫画が上手いなあ~おいらが尼~ズだったら、東村メソッドに完全に踊らされてますよ。まー悪い宿敵の女キャラも登場し話が盛り上がってまいりました。
読了日:05月09日 著者:東村 アキコ
ワンパンマン 6 (ジャンプコミックス)ワンパンマン 6 (ジャンプコミックス)感想
S級ヒーローが、中には「ほんとにS級か!?」って突っ込みたくなる風体の輩がいて、この作品らしいな~。個人的にアトミック侍がいい感じ。また一波乱ありそうな展開になっていきますね。番外編はやっぱりあった方がいいですね。世界観とか、人物の横顔とか、色々保管出来て。
読了日:05月02日 著者:村田 雄介
ヴィラネス -真伝・寛永御前試合-(1) (ヤンマガKCスペシャル)ヴィラネス -真伝・寛永御前試合-(1) (ヤンマガKCスペシャル)感想
寛永御前試合・・・夢枕先生の原作は読んだことないですが、日本の架空トーナメントの元祖じゃないでしょうか。これは書き手の創作心を刺激する内容ですね。内容は出てくる連中みな外道の触れ込み通り、今後も色々な外道連中が出てきそうですね。武蔵改め弁之助もどこまで外道になるか見ものです。
読了日:05月02日 著者:雨依 新空

読書メーター

4月の読書メーター [漫画 1巻ハンター]

4月の読書メーター読んだ本の数:11読んだページ数:2155ナイス数:54ワンパンマン 5 (ジャンプコミックス)ワンパンマン 5 (ジャンプコミックス)感想4巻から引き続き~
強い敵は、強い仲間を倒すから、強敵感が上がる。ヒーロー稼業も楽じゃないですね。
今回も前巻に引き続きジェノス萌え~正統派ヒーローが脇にいるからサイタマも主人公でいられる、麗しき師弟ですね。
今回は
みんな大好き無免ライダーの活躍?も観られる。通話中の携帯を放り捨てたことが一番の功績とは・・・C級1位にとどまり続けているというところは努力の継続が無免ライダーの最大の持ち味だというところか。「 一斉衆生済度の請願を果たさずば、我、菩薩界に戻らじ」真のヒーローは六道を行く。読了日:04月29日 著者:村田 雄介
ワンパンマン 4 (ジャンプコミックス)ワンパンマン 4 (ジャンプコミックス)感想ジェノス君やっぱりカワイイ♡

SABC級のヒーローたちが次々に登場。4,5巻一気読み。
読了日:04月29日 著者:村田 雄介
海月姫(1) (KC KISS)海月姫(1) (KC KISS)感想女子オタの生態がなかなか楽しい。ドン引きどころか、むしろ落ち着く空間だなあ。と。
このお方たちの今後がどうなっていくのか、生暖かく見守っていきたいですの~
読了日:04月25日 著者:東村 アキコ
ワンパンマン 03 (ジャンプコミックス)ワンパンマン 03 (ジャンプコミックス)感想頭痛が痛い名前とか、喋らない方がいいタイプとか、こう言うセンス好きですわ。今回番外編が多めに入っているけど4巻以降の期待感を大いにあおらせる。少年漫画なのにカワイイ女の子出てこないしね(蚊の怪人くらいだったから)。
持って産まれた才能の差と、必死に努力すれば必ず叶う少年漫画の理念?の対比?対決?今後どうやって料理するか楽しみです。
読了日:04月24日 著者:村田 雄介,ONE
ダンジョン飯 1巻 (ビームコミックス)ダンジョン飯 1巻 (ビームコミックス)感想ダンジョンに潜っていたり、全人未到の荒野を探索していると決まってこの問題に当たったっけ。「こいつら食えるんかな?」とか必ずメンバーの誰かが言い出して試しに食べてみるも、食えたもんじゃなかった。そっか・・・調理の仕方がまずかったんだな・・・トロールの奴隷商人の奴だけは頭からバリバリ食いやがって・・・それ仲間だってのに・・・。あっいかん、昔のことを思い出しちまった。この漫画の良い所は、ファンタジー世界だとしての食の考察などではなく、食が為のファンタジー世界構築にあると思ったり。お菓子の城か!?読了日:04月21日 著者:九井 諒子
ワンパンマン 02 (ジャンプコミックス)ワンパンマン 02 (ジャンプコミックス)感想凸凹師弟コンビの漫才が、この漫画の面白い所を一層ひきだしている。頭空っぽにして楽しめる漫画だけど、なかなか現代の日本の鬱屈したものがにじみ出て、なんとも言えない世界観を(ONE先生の)醸し出しているなあと。読了日:04月20日 著者:村田 雄介,ONE
ワンパンマン 01 (ジャンプコミックス)ワンパンマン 01 (ジャンプコミックス)感想やっぱり読んでしまった。WEBで読んでいたんだけどね。
面白くって、さっくり読める。
ワンパンチでどんな敵も倒す、絶対的に強い男の話。と言うたらればは結構みんな考えるだろうけど、実際に描く人はそう居ない。読了日:04月17日 著者:村田 雄介,ONE
東京タラレバ娘(1) (KC KISS)東京タラレバ娘(1) (KC KISS)感想第4出動!早く抜けたいと思いながらも楽しくってずっと続けてしまうアラサー女子会。俺男だけど分かるわ~。金髪男の口を使ってアラサー女子のあり得ない夢想を具現化した脚本を否定ておいてからの~っ、てな展開はアキ子先生の掌の上で転がされる感じが良い。読了日:04月11日 著者:東村 アキコ
レパントの海戦 (新潮文庫)レパントの海戦 (新潮文庫)感想地中海戦記3案部作の最後。キリスト教側から描かれた物語は苦しんだ末の大逆転勝利で感動増大と思いきや、キリスト教連合軍の内部の駆け引きに相当の時間を無駄に費やして、ヴェネツィアの大量の犠牲の上にトルコに一矢報いたって感じで、爽快感より疲弊をより多く感じた。時代は大航海時代へ・・・読了日:04月07日 著者:塩野 七生
監獄学園(20) (ヤンマガKCスペシャル)監獄学園(20) (ヤンマガKCスペシャル)感想う~ん じらすなあ~
面白いからまっいいか1読了日:04月04日 著者:平本 アキラ
漫画貧乏漫画貧乏感想正しいとか間違っているとか、そう言う事ではなく、単純に資本主義経済の枠の中で資本のある者が有利で、作家は出版ビジネスの流れに上手に乗っからないと食べてくことも困難(描きたい物より売れるものを描く努力とか(辛い))。ジャパニーズドリームも夢のまた夢。この本が出版されてからまた、幾年月経とうとしている。今はまた状況が変わってきているか。つい先日NHK漫勉でながやす巧(←この方漫画仙人や!)回を拝見したばかりで、いろんな作家さんがいるんだなとしみじみ。読了日:04月03日 著者:佐藤 秀峰
読書メーター
前の5件 | - 漫画 1巻ハンター ブログトップ