So-net無料ブログ作成

5月の鑑賞メーター [映画 DVD ハンター]

5月の鑑賞メーター
観たビデオの数:9本
観た鑑賞時間:876分

300 <スリーハンドレッド> ~帝国の進撃~ ブルーレイ &DVDセット(初回限定生産/2枚組/デジタルコピー付) [Blu-ray]300 <スリーハンドレッド> ~帝国の進撃~ ブルーレイ &DVDセット(初回限定生産/2枚組/デジタルコピー付) [Blu-ray]
前作とくらべ評判を聞かなかったが、確かにお話がちょっととっ散らかってる感じがしないでもない、流血アクションはちょっとお腹一杯になったかな。できればマントの色だけでなく、スパルタとアテナイの違いをもっと出してほしかったかな。アテネもある意味スパルタとは真逆に振り切っちゃってる国なので・・・・そこが観たかったな~ とここまであまりいいこと書いてないけど、意外と楽しんだりしてるんですよ。
鑑賞日:05月31日 監督:ノーム・ムーロ
キャプテン・アメリカ/ザ・ファースト・アベンジャー [DVD]キャプテン・アメリカ/ザ・ファースト・アベンジャー [DVD]
ネタバレになっちゃうけど、皆さんのおっしゃる通り、手りゅう弾のくだりで男泣きしてしまいました。もーダメだ!愛すべきキャプテンアメリカや!「アベンジャーズ」まだ未見やけど、アベンジャーズをまとめるのはやはりこの音で決まりでしょう!好きすぎる!強くなってもたかが知れてるし。そもそもこの人のヒーローたる所以は、力を授かる以前から養ってきたその精神に他ならないわけで、ま~応援したくなるは。
鑑賞日:05月29日 監督:ジョー・ジョンストン
『ズートピア』 映画前売券(ムビチケEメール送付タイプ)『ズートピア』 映画前売券(ムビチケEメール送付タイプ)
 ジュディの幼少期のシーンですでに涙腺崩壊。我ながら涙もろくなったなあ~。「ユートピア」も「動物ものの物語」も寓話の典型なので、当然この映画も現代社会特にアメリカを映したものになってる。ジュディが壁にぶつかるたびにお父さんのように涙なしには観れなくて・・・
 映画としてもよく練り込まれていて、やっぱりすごいなあ~て・・・
ディズニーコワイ、ピクサーコワイ~
未来イソップ(星新一じゃないですが)と言った感じで2000年以上かけてここまで来ましたとイソップに見せてみたいなあ~
鑑賞日:05月23日 監督:
ディア・ハンター [DVD]ディア・ハンター [DVD]
【ネタバレ?】ウォーケンとストリープが若くてびっくり(あたりまえか)。アメリカの若者がベトナム戦争を経験することで何かが確実に代わってしまう・・・べトナム以前と以後で全く違う映画と言ってもいいくらいぶった切ってとってくっつけたような映画だけど、こういう映画はかなり好き。キメラ型編集と自分で勝手に命名してますが、キューブリック以前にこういった作りのベトナム戦争映画があったとは(青春映画でもあるけど)。ベトナム戦争とはアメリカにとってなんだったのか、自分で回答を導け無いままでいると素直に表現してると思ったり。
鑑賞日:05月14日 監督:マイケル・チミノ
遊星からの物体X ― コレクターズ・エディション [DVD]遊星からの物体X ― コレクターズ・エディション [DVD]
十年以上ぶりの再鑑賞。やっぱり面白いよこの作品は。とかくロブ・ボッティンのSFX造形の素晴らしさが先行して評価されている感があるけど、改めて観るとチャンとドラマパートでドキドキサスペンス演出してくれていて、それがこの映画を不変的な作品にしているんだろうと思ったり。最後のシーンがとても印象的。なるほど確かにそうだ。
鑑賞日:05月11日 監督:ジョン・カーペンター
スター・ウォーズ/フォースの覚醒 MovieNEX [ブルーレイ+DVD+デジタルコピー(クラウド対応)+MovieNEXワールド] [Blu-ray]スター・ウォーズ/フォースの覚醒 MovieNEX [ブルーレイ+DVD+デジタルコピー(クラウド対応)+MovieNEXワールド] [Blu-ray]
やっと観ました。感無量です。
ん~なんか、スターウォーズでした。ネタバレはしません。
続きが気になりますねえ~。続きのシナリオはまだ決まってないのかな?

どうするでしょう~?
レンタル返却前にもう一回、観ようかな~

鑑賞日:05月06日 監督:J.J.エイブラムス
KINGSMAN: SECRET SERVICEKINGSMAN: SECRET SERVICE
GW、実家に帰って家族で鑑賞。
まいったまいった・・・途中R15な残酷なシーンがあって、小さい子供もいたのでまずったなあ~

もっと、ギャグよりか意外とシリアスよりで予想外だった。
ある意味、全部が全部「らしい」作品。
鑑賞日:05月06日 監督:
シンデレラ MovieNEX [ブルーレイ+DVD+デジタルコピー(クラウド対応)+MovieNEXワールド] [Blu-ray]シンデレラ MovieNEX [ブルーレイ+DVD+デジタルコピー(クラウド対応)+MovieNEXワールド] [Blu-ray]
【ネタバレあり】
ごめんなさい、すみません、わたくし、継母目当てで借りてしまいました。
ブランシェット様、ノリノリですね♪

 しかし物語が進んで行くうち、死んだ父親の気持ちになって泣いてしまいました。だってシンデレラがけなげでけなげで・・・
 王子様が、ガラスの靴を履かせるあたりは、正統派シンデレラストーリーの中にあっても現代風か?
ヘレナ・ボナム=カーターがキュートでびっくり。
鑑賞日:05月06日 監督:ケネス・ブラナー
アントマン MovieNEX [ブルーレイ+DVD+デジタルコピー(クラウド対応)+MovieNEXワールド] [Blu-ray]アントマン MovieNEX [ブルーレイ+DVD+デジタルコピー(クラウド対応)+MovieNEXワールド] [Blu-ray]
想像よりことのほか面白かった!とにかく絵図らがイイ!映像を観てるだけで楽しい。
マーベルヒーローにもこういう変化球もありじゃん!
科学公証、リアリティーラインのあり方に難色を示す人もいるらしく、確かにその通りなんだけど、面白かったのでALLOKでした、自分には。アベンジャーズに参加と言う事ですが、どう絡んでくるんでしょうか???これならお子さんと一緒に見ても楽しめるかもね

鑑賞日:05月01日 監督:ペイトン・リード

鑑賞メーター

2016年5月の読書メーター [思い付き投稿]

2016年5月の読書メーター
読んだ本の数:11冊
読んだページ数:2367ページ
ナイス数:48ナイス

亜人(1) (アフタヌーンKC)亜人(1) (アフタヌーンKC)感想
なんだかもっとグロいのかと思ったら意外とポップだった。バトル的な感じの要素もあるし読みやすい。 バイクがカッコイイ。 まだまだ出だしで、何もわからない状態ですね。今後が気になります。
読了日:5月26日 著者:桜井画門
MONSTER×MONSTER 1 (少年サンデーコミックス)MONSTER×MONSTER 1 (少年サンデーコミックス)感想
この脱力感がよい。主人公がダメダメすぎて近くにいたらいやになりそうだけど遠くからだから、安心して穴ほじりながら眺めていたい。 絵は上手いんだけど劇画っぽい絵柄には好き嫌いがわかれるかも。でも、この絵だからウケるっていうところもあるしなあ~ あと、あだ名の名づけセンスありすぎワロタwww
読了日:5月25日 著者:飛田ニキイチ
乙女戦争 ディーヴチー・ヴァールカ(6) (アクションコミックス(月刊アクション))乙女戦争 ディーヴチー・ヴァールカ(6) (アクションコミックス(月刊アクション))感想
相変わらず毎度毎度先の読めない展開にハラハラします。 今回もまたピンチに見舞われます。戦争物に面白いだなんて不謹慎ですが面白いっす。 この先はどうなっちゃうんでしょうか、歴史物なので結果は調べれば解ってしまうのですが、そのあたりの情報はシャットアウトで続巻に期待してます。 かわいらしい絵柄の少女達が前線で戦ってる姿と戦争の悲惨さとが混在していて見ている方としてはつらいんです。やっぱり戦争なんてするもんじゃないですよね。
読了日:5月25日 著者:大西巷一
ナラクノアドゥ(1) (ファミ通クリアコミックス)ナラクノアドゥ(1) (ファミ通クリアコミックス)感想
何の情報もなしで衝動買いでしたが当たりでした。ネタバレになるので何も語れないのが残念ですが、捻ってますねえ~「そう来るか!」と思いながら読みましたが、当に「そう来て」ほしかったのでサイコーです。 ネット配信も追いかけて読んでみましたが、なかなか気になります。いい感じのデザインのキャラとか出てきて楽しい。
読了日:5月18日 著者:山本晋
ブラッククローバー 1 (ジャンプコミックス)ブラッククローバー 1 (ジャンプコミックス)感想
ストーリーはジャンプ的(かな)と言うかかなりの王道。他の方の感想も読ませていただきましたが、王道テンプレは諸刃の剣の様ですね。何かに似てると言われるのは、オリジナルな部分にまだ弱さがあるのかな?展開はかなり詰まっているけど、逆に話が進んでくれて自分的には読みごたえに繋がってよかった。アクションに大ゴマ使いすぎてスカスカになるよりはね。アンチマジック体質は、麻酔が聴かないとか、痛みを感じないとかの特異体質みたいなものだと思うので、ただの便利な能力に陥らないように次巻以降も進んでくれると嬉しいな。
読了日:5月17日 著者:田畠裕基
宇宙戦艦ティラミス 1 (BUNCH COMICS)宇宙戦艦ティラミス 1 (BUNCH COMICS)感想
スバル・イチノセ・・・なんて不憫な子なんや~脱力系宇宙SF(少し不憫な)。いや、だいぶ不憫や。名古屋弁だ!やったー!アフロダイAの設計思想も引き継がれていてナイズ!脱力系のギャグと絵柄のギャップがよく、飽きることなく最後まで一気に読んでしまった。と、 箇条書きで書いてしまいましたが次から次へと浮かぶものですねネタが・・・次巻もなんだか怪しい展開になりそうですね~
読了日:5月17日 著者:伊藤亰宮川サトシ
鋼の錬金術師 (1) (ガンガンコミックス)鋼の錬金術師 (1) (ガンガンコミックス)感想
「等価交換の原則」この設定が肝で主人公達に十字架を背負わせる。最初にこの設定を思いついた時点である意味勝ちですよね。もうご飯が3杯は行ける!主人公二人が絵的にも性格の違いからくる軽妙なやりとりとか、キャラが立っているところも魅力ですね。 バランスのとれた絵の密度は大変読みやすく、密度高めの絵柄が多い昨今、逆に新鮮でした。これは逆に難しい事ではないかと思います。 長年の経験と自信の成せる業かと? すみません、これだけ人気があって、自分でも面白いなあ~と思っていたので、ついついこんな見方をしてしまいました。
読了日:5月13日 著者:荒川弘
北斗の拳 (5) (集英社文庫―コミック版)北斗の拳 (5) (集英社文庫―コミック版)感想
トキ、ラオウ、ケンシロウの対決!そしてレイとユダの戦い!そしてサウザー回へと続く、かなりのもりだくさんな回。 思えばジャンプ自体も、このころが一番なんだか盛り上がっていたかも。 確かに楽しすぎる~!
読了日:5月6日 著者:武論尊,原哲夫
ニッペン! 1 (少年サンデーコミックス)ニッペン! 1 (少年サンデーコミックス)感想
絵も相当の達者!内容も熱い!かつて栄光に輝いていた日本式ペンホルダー!その復権の夢は、売れ上げ部数を減らしてしまったサンデー復権の夢と重なり、もうこれはすべてが熱い!熱すぎる!設定聴いただけでご飯が三杯でも5杯でも食べられる! これはもう好きだな~! 圧倒的に不利と言われるペンホルダー・・・でも、それで勝たないと意味がないんだ。  主人公は、重荷を背負っているのがいい。特に人にはわかってもらえない所なんかなおさら良い。
読了日:5月6日 著者:大谷アキラ
ローマ人の物語〈24〉賢帝の世紀〈上〉 (新潮文庫)ローマ人の物語〈24〉賢帝の世紀〈上〉 (新潮文庫)感想
トライアヌス回。軍事にも積極的でローマ史上領土が最大になったことくらいしか知らんかったが、なるほどねえ~知られてない訳だ。 カエサル他、戦争でも寛容的な戦後処理が多い中で、トライアヌスは厳格に敗者を罰したのが印象的。平和憲法?の中育った自分としてはそこはちょっと頂けないかな。パルティア遠征なんてやる必要なかったと思う人多いと思うけど、自分もその一人。次はあのハドリアヌスか・・・「テルマエ・ロマエ」の時代であり「第九軍団のワシ」の時代に突入!
読了日:5月6日 著者:塩野七生
透明アクセル(1) (イブニングKC)透明アクセル(1) (イブニングKC)感想
やはりロジックを構築して攻めてくるあたりの三田節は本作でも読み手をドキドキワクワクさせてくれる。 広告代理店の営業の恐ろしさも魔術師かと思わされる。 現代の世相も切ってみせて、何んと言うかやはり侮れんなあ~ ライバル代理店の「電豪」にも、「鬼十訓」とかありそうだな?
読了日:5月1日 著者:三田紀房

読書メーター

木根さんの一人でキネマ(白泉社、作アサイ先生) [漫画 1巻ハンター]

 忙しくってお金もない・・・あらゆる漫画読み耽りたくも、それが叶わぬわが身なれば、せめて1巻読み候。はじめ良ければすべてよし!、ついでに無料公開12話までも読んでしまって全て熟知。わかったような顔をして漫画の感想、して御免!

「木根さんの一人でキネマ」

木根さんの1人でキネマ 1 (ジェッツコミックス)

木根さんの1人でキネマ 1 (ジェッツコミックス)

  • 作者: アサイ
  • 出版社/メーカー: 白泉社
  • 発売日: 2015/12/25
  • メディア: コミック



マンガ好きでなおかつ映画大好き人間の自分にとって1冊で2度美味しいマンガと言えます。昼間は一般企業のやり手課長、しかして夜は映画オタクという2重生活を送っている木根さんの日常を描いた漫画。

 ツボりました!メジャーマイナー問わず、むさぼるように映画を鑑賞している、残念な美人は、我らぼんくら男子の理想のマドンナです! と言うわけでどの回も心当たりのある、あるあるで思わずほくそ笑んでしまう・・・しかし考えているのか、取り上げられている映画の、シーンはあんまり出てこない。かな??。ネタバレに気を使っているのか、著作権に抵触しないように配慮か(もちろん権利所有者へは了解とってると思うけど)・・・

1巻からいきなりメジャータイトル「スターウォーズ」「インディージョーンズ」「ゾンビ」などなど・・・・飛ばす飛ばす!
すごいなあ~突っ走ってます。
映画を全く観ない水城さんとの共同生活から、物語に幅や深みが出来て、今後の色々な展開が期待できそうです。

今、高橋ヨシキさんのシネマトリップ「マッドマックス怒りのデスロード」回をYoutubeで聴きながら書いております。
「V8!!!」