So-net無料ブログ作成
検索選択

5月の読書メーター [漫画 1巻ハンター]

5月の読書メーター
読んだ本の数:9
読んだページ数:1587
ナイス数:38

聖骸の魔女 1巻 (ヤングキングコミックス)聖骸の魔女 1巻 (ヤングキングコミックス)感想
主人公の男の子意外、出てくる人物が、皆さん女性とは?なかなかキャッチーなハーレムものかと見せて、出てくる設定やら台詞やらは何だかとってもマニアック[黒ハート]
いい感じで中世カトリック世界をパロッて楽しげ。
そういえば作者さんの名前もヘブライ語だよね。
読了日:05月29日 著者:田中ほさな
乙女戦争 ディーヴチー・ヴァールカ(8) (アクションコミックス(月刊アクション))乙女戦争 ディーヴチー・ヴァールカ(8) (アクションコミックス(月刊アクション))感想
またまた泣かされてしまいました。シャールカの健気さは思わず涙物。ジシュカも相変わらずの元気オヤジでこの二人の対照的な魅力が今回も詰まっておりました。相変わらず、びっくりさせられる展開です、表紙を見て何事が?!って思いましたが。内容もも盛りだくさんで超お得な1冊でした。
読了日:05月24日 著者:大西 巷一
ナラクノアドゥ 3 (ファミ通クリアコミックス)ナラクノアドゥ 3 (ファミ通クリアコミックス)感想
新たな仲間が加わりそう。だけど彼女の姉って・・・
そして、イシュハトス。ここでも正統派ヒーローが頑張ってますね。主人公たちがあんな状態だでね。おまけの設定ページもうれしいおまけです。蒸気機関があり、下水もある、、、割とスチームパンクですね。
読了日:05月23日 著者:山本 晋
CLAYMORE 1 (ジャンプコミックス)CLAYMORE 1 (ジャンプコミックス)感想
何年振りかの再読。
オープニングはまだまだ自分たち身の回りの事件を扱っていて、それでもにわかに世界観、主人公達の宿命をにおわす1巻でした。これを機にもう一回読み直したいな~(完結まで読んでないし・・・)
読了日:05月16日 著者:八木 教広
ヴィンランド・サガ(19) (アフタヌーンKC)ヴィンランド・サガ(19) (アフタヌーンKC)感想
好戦的な奴登場。北欧神話の番犬か、古代ローマの魚醤か?

しかしまあこのペースでは、作者存命中に作品が完成しないような気すらしてきたよ・・・
その時はヴァルハラで描き続けるんかいな?


読了日:05月16日 著者:幸村 誠
ローマ人の物語〈27〉すべての道はローマに通ず〈上〉 (新潮文庫)ローマ人の物語〈27〉すべての道はローマに通ず〈上〉 (新潮文庫)感想
古代ローマのもう一つの主役、インフラ設備について、上巻はローマ街道について。街道第一号を敷設したアッピウスなる人物は、カエサルと並ぶヘンタイ的偉人。この二人に関しては古代人でありながら脳みそは2000年後の未来人であったと・・・漫画的に言えばタイムスリッパーやな。さて下巻はまたしてもローマ人の変態っぷりを見せつける水道橋かね。
読了日:05月16日 著者:塩野 七生
海月姫(2) (KC KISS)海月姫(2) (KC KISS)感想
いやっ。東村アキ子、漫画が上手いなあ~おいらが尼~ズだったら、東村メソッドに完全に踊らされてますよ。まー悪い宿敵の女キャラも登場し話が盛り上がってまいりました。
読了日:05月09日 著者:東村 アキコ
ワンパンマン 6 (ジャンプコミックス)ワンパンマン 6 (ジャンプコミックス)感想
S級ヒーローが、中には「ほんとにS級か!?」って突っ込みたくなる風体の輩がいて、この作品らしいな~。個人的にアトミック侍がいい感じ。また一波乱ありそうな展開になっていきますね。番外編はやっぱりあった方がいいですね。世界観とか、人物の横顔とか、色々保管出来て。
読了日:05月02日 著者:村田 雄介
ヴィラネス -真伝・寛永御前試合-(1) (ヤンマガKCスペシャル)ヴィラネス -真伝・寛永御前試合-(1) (ヤンマガKCスペシャル)感想
寛永御前試合・・・夢枕先生の原作は読んだことないですが、日本の架空トーナメントの元祖じゃないでしょうか。これは書き手の創作心を刺激する内容ですね。内容は出てくる連中みな外道の触れ込み通り、今後も色々な外道連中が出てきそうですね。武蔵改め弁之助もどこまで外道になるか見ものです。
読了日:05月02日 著者:雨依 新空

読書メーター

nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL: